FC2ブログ

拘りの最小4WD 

約10年、6万キロほど乗った三菱自動車のパジェロミニを手放しスズキジムニーに乗り換えた。以前もジムニーを4台ほど乗ったことがあるので元に戻ったということになるのだが、20年ぶりに乗ってみてその変容と進化に驚いている。

(小粒だがピリリと辛いジムニー)
DSCN1041_convert_20200907162608.jpg

私の四輪駆動車の遍歴をたどると結構長い。30代半ばのころ、近所の中古車屋でホロ付きの赤いスズキジムニーを見つけたのが始まりである。子供が小さかったころで、その当時は乗り入れのできた砂浜を四駆で軽快に走ったものであった。

(お世話になったパジェロミニ)
DSCN1032_convert_20200907162824.jpg

(頑張った10年間 65660キロ走行)
DSCN1034_convert_20200907163049.jpg

その後、四輪駆動熱は妻に伝染してしまった。ジムニーを4台、パジェロのディーゼル車、フォレスター、パジェロミニ、そして今回の新型ジムニーと乗り継いだ。全てこれらの持ち主は妻である。私は時にお借りしワイルド感を楽しんでいるのである。なぜ四駆でなければならないのか、そのような必然性は何もない。言わばとり付かれたということだろう。

(頑丈なジムニーの梯子型フレーム)
DSCN1073-02_convert_20200907164814.jpg

ところで新型ジムニーであるが、頑丈な梯子型フレームにサスペンションを取り付ける本格4WDの伝統は勿論継承し進化している。軽自動車なのに何故ここまで拘るのか。雪も降らないいわき市でこの機能を発揮することはたぶんないだろう。なのに、注文して1年3カ月待ちやっと手に入れたのだ。

(堅牢さを誇る下部構造)
DSCN108002_convert_20200907170337_202009071710342f7.jpg

車体の下に潜って梯子型フレームを確かめてみる。見事だ。この実力をどこで発揮すればよいのか。悪路を走るしかないのだが、持ち主に言ったら汚れるから止めて、と言うに決まっている。この冬に奥会津にでも行って雪道に挑むのを楽しみにしている。

(梯子型フレームに取り付けた前輪のサスペンション)
DSCN107802_convert_20200907171143.jpg

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

会津本郷 富三窯

会津本郷町の富三窯を訪ね、故四代目佐竹富三(本名幹夫氏)のご子息の伸也氏と敦夫氏兄弟と歓談した。話題は先代の話となった。五代目を継いでいるのは弟の敦夫氏である。先代は「椿の富三」が通り名で、椿の赤の表現が繊細で愛好家に親しまれていた。

(四代目富三、佐竹幹夫氏の遺影と遺作 浦霞「白鳥」の酒器)
DSCN1001_convert_20200902145909.jpg

(五代目富三を継いだ敦夫氏)
DSCN1027_convert_20200902150242.jpg

富三窯は、東北地方唯一の磁器の産地としての伝統技術を受け継ぐ、明治の時代から続く名窯である。先代富三氏の頃(約30年前)の思い出がある。カナダ人の友人が来て会津を案内した折、富三窯にお連れした。弁護士である彼は意外にも日本の焼き物に興味を持っていた。かなり高価な花椿のモチーフが施された器を記念にと購入したのだった。

(店内に展示されている五代目の作品)
DSCN1025_convert_20200902150548.jpg

(花椿をモチーフした「椿の富三」)
DSCN1023_convert_20200902150919.jpg

寡黙であった先代は2005年に亡くなった。夫の分まで話し好きだった奥さんも一昨年亡くなり、現在は兄弟で富三窯の伝統を継承している。花椿をモチーフにした染付の技法は弟の敦夫氏が、兄の伸也氏は花椿に拘ることなく幅広く活動し、日展での入選なども果たしている。

(愛用している 四代目作の杯)
DSCN1054_convert_20200902151247.jpg

(ビールジョッキとして愛用している四代目作)
DSCN1060_convert_20200902151522.jpg

(今回購入した五代目作のコーヒーカップ)
DSCN1051_convert_20200902151842.jpg

我が家の富三コレクションは、妻が若いころ何かのお祝いに四代目富三の湯飲みを頂いたことに始まる。白磁に赤の花椿のモチーフに魅せられた。その後、窯元に足を運びコレクションが次第に増えていったのである。今回はちょっと雰囲気の違ったマグカップを購入した。食後のコーヒーの味が一際よくなったような気がする。

(引き戸の取っ手に設えた富三焼き)
DSCN1009_convert_20200902153701.jpg

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コロナ禍の夏 2020

コロナ禍に加えて厳しい暑さの夏も終わろうとしている。日本中いや世界中の人々が欲求不満を抱えているだろう。ホモサピエンスは集うことで喜怒哀楽を感じているといっても過言ではない。それを「集うな」と言っているのだからたまったものではない。

(夏の象徴 入道雲)
DSCN0972_convert_20200821102151.jpg

平穏であれば今頃はスポーツの祭典オリンピックが東京で開催され、メダルの数を競って一喜一憂していたはずである。来年は本当に開催されるのだろうかと、一抹の不安を抱くのは私だけではないだろう。そんな中、変則ながら甲子園大会が開催されたのは、なにかホッとした気分にさせたのは確かだ。

(ハツラツ 磐城高校)
DSCN0960_convert_20200821102442.jpg

(応援もコバルトブルーのマスクで)
DSCN0962_convert_20200821102704.jpg

いわき市からも福島県立磐城高校が21世紀枠で出場し、国士舘高校に3対4で敗れはしたものの、溌剌としたプレーが涼風をもたらしたような気がした。49年前の夏、磐城高校のコバルトブルーのユニホームがあれよあれよという間に勝ち進み準優勝してしまった。公立高校として、小気味の良い快挙であった。

(やっぱり夏は海水浴)
DSCN0984_convert_20200821103008.jpg

いわき七浜の海水浴場もことごとく閉鎖となってしまった。立て看板に「遊泳禁止」と書いてはあるが、みんなで泳げば怖くない。お盆休みの薄磯海水浴場は家族連れなどで賑わっていた。開放的な海は比較的安全だろうと考えるのは分かるような気がする。With Coronaの時代に入り安全基準を自らが持ち生活することになったのかもしれない。


DSCN0985_convert_20200822111417.jpg




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コロナ禍で反省を求められるホモサピエンスの群れ方

新型コロナウィルスの感染拡大によって、我々ホモサピエンスは社会生活の変容を余儀なくされている。そもそも現生人類(ホモサピエンス)は約250万年前にアフリカに起源すると考えられている。以来、我々の祖先はゆっくりとした進化をたどり現在のような知恵を得て社会を形成するに至ったのである。

(ホモサピエンスとネアンデルタール人との関係を研究した興味ある一冊)
DSCN0986_convert_20200818162939.jpg

考古学を頼りに人類の歴史をたどると、現生人類の他にもネアンデルタール人やクロマニヨン人などの旧人類が生存していたことが確認されている。地球上には、ある時期にはホモサピエンスはネアンデルタール人と併存していたというのである。驚くことには、ヒトはネアンデルタール人との異種交配があったことがヒトゲノムの解析から判明したというのである。

(ネアンデルタール人のイメージ写真)
ph_thumb_convert_20200818163144.jpg

それではネアンデルタール人はなぜ絶滅してしまったのであろうか。次のような学説がある。ネアンデルタール人はホモサピエンスに比べて骨格や運動能力など全てで優っていたというのである。単独のハンティングではホモサピエンスの比ではなかった。それでは、なぜネアンデルタール人は絶滅してしまったのであろうか。それは、ネアンデルタール人は群れることが苦手であったことにあるらしい。単独での高い狩猟能力を持っていたため共同して行動する必要はなかったのだ。

(群れ方が問われるホモサピエンス)
1597736397891[1]_convert_20200818170311

この点がホモサピエンスと大きく違うところである。ホモサピエンスは一人一人の行動能力は低いため集団で狩猟をする必要があったのだ。その過程で、集団の中での役割分担ができ共同作業が進められるようになった。それが、長い歴史をたどる中で社会の形成に至るのである。いわゆる、群れることにより個人の能力が効率よく発揮されるようになるわけである。

(改革が求められる一極集中)
1597736420853[1]_convert_20200818170603

今回のコロナ騒動はホモサピエンスの群れ方に反省を促している。密集はウイルスにとっては勢力拡大の好条件となっているのだ。少なくても大都市の過密さは格好の餌食となっているようだ。「密集よりぱらっと住む」過疎と過密を平均化するような住み方をすれば感染はある程度避けられる。日本では東京一極集中を考え直す時期に来ているのかもしれない。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

縄文式土器

私の家の近くにアンティーク店がある。アンティークと言えば格好がいいが、日本的に言えば古物屋である。こんなものを誰が買うのだろうかと思うものも並んでいるので面白い。ある日、店先に縄文式土器や弥生式土器が並んでいるのを発見した。出土先は福島県の相馬地方らしい。

(縄文時代晩期の櫛目文土器)
DSCN0937_convert_20200813115511.jpg

発掘というより掘り起こしたのは農家の主人で、自分の家の畑から出てくるので箱に入れ無造作にしまっていた。本来なら教育委員会に届け出て発掘調査となるところであったのだが、そんなことは知らなかったらしい。主人が亡くなると妻は大量の「瓦礫」の整理に困ってしまった。そこで何でも屋の古物屋に処分を依頼することになったらしい。

(火焔土器の破片)
DSCN0940_convert_20200813115843.jpg

高校時代史学部に籍を置いたことのある私は、古物屋の主人に土器の製造年代などを説明した。すると、主人は驚いていろいろと質問をするものだから、私は浅学な知識で講釈をした。それで、その中のほぼ完形に近い土器と石器など3個を頂くことになったのである。

(内側に施された幾何学的な櫛目文)
DSCN0943_convert_20200813120128.jpg

持ち帰って改めて眺めてみると、その製法のち密さに驚くばかりである。完形に近い器の内側には幾何学的な櫛目文が施されている。この地方では紀元前500年ころの縄文晩期の物ではないかと考えられる。もう一つの破片は縄文土器の象徴的な火焔土器で、紀元前2500年ころの物でないかと考えられる。

(鋭い歯を持った石器)
DSCN0946_convert_20200813120426.jpg

縄文時代は我が国で1万年以上続いた狩猟生活時代である。文化は驚くほどのんびりとした早さで発展したのだ。この石器で木の実を砕き、この器に盛り付けをしてわが先祖のホモサピエンスは何を語らっていたのだろう。この時代は階級のない原始共産制の社会で平和な時代であったに違いない。

(石斧と石鏃)
DSCN0944_convert_20200813120708.jpg

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!