FC2ブログ

三四朗 春を呼ぶサックスの調べ

三四朗コンサートがいわき市平のアートスペース・エリコーナで行われた。三四朗こと藤本三四朗氏は東日本大震災のボランティアが縁で市内での演奏活動を行っている。今回はエリコーナのオーナー中川さんと三四朗が音大の同窓であることもあって実現した。

(フルートを演奏する三四朗)
三四朗1

コンサートは三四朗の得意とするサックスをテナー、アルト、ソプラノと使い分け演奏したほか、フルートの演奏やソフトな声でボーカルも披露した。小ホールならではの演奏者と観衆が一体となった気持ちの良いコンサートとなった。

(甘い歌声を披露する三四朗)
三四朗2

ピアノ伴奏は神村晃司氏で見事なピアノソロも披露した。神村氏は大学在学中にジャズに傾倒し、ジャズコンテストなどで入賞するなどの経歴を持っている。サックスとピアノでのジャズ系の演奏はパーカッション不在が気になるところではあったが、靴を踏み鳴らしながらの熱演に拍手が沸いた。

(飛び入りのボーカルはファンクラブの須能さん)
三四朗3

三四朗はバークリー音楽院を卒業後、ニューヨークを拠点にヨーロッパの各地でストリートパフォーマンスを展開した経歴をもつ。若いころに経験した観衆との接触を通して身に着けた音楽家として類ない哲学を持っている。

(三四朗CDと特製カレンダー)
三四朗4

三四朗の夢の一つは、若者に音楽を通して人生の生き方在り方を教えることである。現在、いわき市内の高校や大学に接触し教壇に立つことを模索している。サックス奏者としての三四朗の魅力は勿論であるが、教壇でサックス片手に人生を語る講義を聴いてみたいものだ。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

レモンの皮とオリーブオイルとのマリアージュ

今年は、我が家のレモンがたくさん実を付けた。以前にも掲載したことがあったが、レモンは東北では栽培が難しいと言われている。「我が家で採れたレモンだ」と言うと、「いわきでもレモンが採れるの?」と、一様に驚く。多分、耐寒性の強いリスボンレモンではないか、と思っている。

(沢山実を付けた耐寒性のレモン)
リスボンレモン6

(実は不揃いだが豊作)
リスボンレモン5

レモンの皮には果汁の5~10倍のビタミンが含まれているそうだ。他にも、繊維、カリウム、マグネシウム、βカロテンなどが豊富に含まれ骨粗しょう症やリュウマチ予防にもなるので大いに活用したいところだ。ところが、輸入されたレモンは農薬やワックスが使用されているため皮を食することは難しい。

(実を取り除き皮を擦りおろす)
リスボンレモン

(オリーブオイル注ぐ)
リスボンレモン2

ところで、我が家のリスボンレモン?であるが、害虫防除の消毒や施肥などは一切していない。自己流の剪定をするだけである。それでもよく実をつける。どうもこのレモンは我が家の自然環境を気に入っているらしい。

(特製オリーブオイルの完成 オリーブオイルはクレタ島産のミノスとプシラキス)
リスボンレモン3

一策を講じてレモンドレッシングを作ってみた。といっても、難しいことをしたわけではない。レモンの皮を摩り下ろしてオリーブオイルを加えただけである。しかし、オリーブオイルは吟味したものを使った。ギリシャのクレタ島で作られたミノスのエキストラバージンオイルである。(ふるさとマルシェのネットショップを参照していただきたい。)

(生野菜にもぴったり)
リスボンレモン4

ギリシャの高級オリーブオイルと我が家の田舎レモンとのマリア―ジュは絶妙である。癖のないオリーブオイルとレモンの味のマッチングは表現は難しいが、とにかく美味しい。サラダにかけたりパンに付けたり大変重宝している。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

こだわりのレストラン Taro’s Cafe 

Taro’s Cafeは、いわき市平谷川瀬の平競輪場の近くにある。この店に足を運んだのには、ちょっとしたわけがある。12月にブログに取り上げた四倉町の田中さんのカボスを友人がTaro’sCafeのシェフに紹介したのだった。それで、こだわりのシェフ曳地さんはカボスドレッシングを作ったというのである。

(しゃれた佇まいの Taro'Cafe)
たろうずかふぇ1

友人は、この機会にTaro’sCafeで食事をしてほしいというので、田中さん夫妻と私と妻で会食をすることになった。私はサラダプレートランチ、3人はカレープレートランチを注文した。どちらも1500円、共通するのは主食に添えられた豊富な野菜である。

(カボスの田中さんと曳地シェフ)
たろうずかふぇ2

新鮮な取り立て野菜をふんだんに使った料理はボリュームたっぷり、ヘルシーで味も絶品である。シェフの話によると、平の泉崎にある直営のタローファームで栽培された新鮮野菜を朝採りして使用しているとのことである。

(野菜たっぷりのサラダプレートランチ)
たろうずかふぇ5

(カレープレートランチ)
たろうずかふぇ6


(しゃれたデザート)
たろうずかふぇ3

Taro’sCafeのオナー長谷川祐一さんは、薬局の運営や保険調剤業務・介護保険支援など幅広く活動している。Taro’sCafeは福祉との連携の中で食を提供する場所としての機能を持っていると言える。お薦めのレストランである。

(レジ脇にはタローファームの直売野菜)
たろうずかふぇ4



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

東京ぶらり 目黒不動尊

現在、高級住宅地となっている目黒地区は、江戸時代を通じてほとんどが農村地帯であった。江戸に近い下目黒村と中目黒村には、茶屋・料理屋や植木・荒物などを商う店が連ねる一角があった。庶民の参詣や憩いの場として栄えた目黒不動尊の門前町である。

(門前町の鰻屋)
目黒1

目黒線の不動前で下車し目黒不動尊を目指すと、小さな洋品店や履物屋などが軒を並べる。門前町の名残を残す佇まいである。人通りは疎らであるが、そんな中で行列のできる鰻屋がある。八つ目やにしむら目黒店である。

(絶品の鰻重)
目黒2

休日の昼時でもあったので、特に行列が長いようである。近くに住む息子夫婦に鰻を食したい旨を伝えておいたので、気を利かせて並んでくれたおかげで待望の鰻重にありつけた。ここで食するのは三度目であるが絶品である。並んで食べるだけの価値があると思う。

(開花した早咲きの梅)
目黒3

満腹になったところで不動尊に詣でた。鰻屋の香ばしい匂いが届くぐらいの距離である。本堂前には早咲きの梅が咲きだしている。本尊の不動明王に今年の家内安全・身体堅固を祈り、後にした。大寒を前にした極寒の時季ではあったが、1月14日(成人の日)午後の東京はそぞろ歩き適した穏やかな日差しが降り注いでいた。

(冬晴の東京)
目黒4


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

東京ぶらり 明治神宮

1月13日、しばらくぶりに明治神宮を訪ねた。連休の中日で好天であったため大変な賑わいだ。前回訪れたのは30年くらい前だったと思う。鬱蒼と茂った緑したたる常磐の森は一層繁茂したような気がする。

(鳥居と高層ビルのコントラスト)
明治神宮1

参道脇に奉納された酒樽が並ぶが、ふと向かい側に目をやるとワイン樽が並んでいる。まさに神社への奉納品も国際化である。参道を歩む参拝者の中には外国人の姿も多い。異教徒の方々は日本の神々に何をお祈りするのだろう。もっとも、私も観光でイスラム教のモスクを訪ねた折には、手を合わせて「家内安全・身体堅固」を祈ったのだから、深く考える必要はないようだ。

(奉納された日本酒の樽)
明治神宮4

(奉納されたワインの樽)
明治神宮5

本殿前では二組の結婚式が行われていた。宮司に先導され大勢の参拝者の中を進む花嫁行列は警備員の交通整理付である。これほどの参拝者に祝福される新郎新婦は、幸せな家庭を築く自覚を一層深めたに違いない。

(本殿前の参拝者の波)
明治神宮2

(参拝者に祝福される新郎新婦)
明治神宮3

明治天皇と昭和皇太后を祭る明治神宮は、全国からの10万本の献木によって造られた人工林だそうだ。都心部に70万平方の敷地を有する緑の杜は、都民ばかりでなく日本人の憩いの場所となっている。都内を歩くと、住宅密集地も多いが整備された広大な緑地帯も点在している。時に雑踏の中から抜け出し緑の中を歩き命の洗濯をしてみてはどうだろう。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!