出羽神社本殿 屋根の葺き替え

いわき市平中神谷にある出羽神社は、800年余の歴史を持つ霊験あらたかな地域の守護神です。本殿はいわき市指定の文化財になっています。創建当初から茅葺だったのですが維持管理するのは大変です。30年前に葺き替えた茅葺屋根は痛みが激しく、葺き替え待ったなしの状態になっています。

(いわき市指定の文化財になっている本殿)
DSCN0001_convert_20170605154218.jpg

文化財の復元は創建当初の様相にすることが基本です。出羽神社本殿も茅葺で修理すべところです。しかし、茅の調達や茅葺職人の確保などで問題が多いことから、茅葺による復元を断念しました。

(800年の風格を保つ権現造り様式)
DSCN0004_convert_20170605154758.jpg

いわき市の文化課との協議の結果、800年の伝統と風格を保つことを条件に銅板葺きの屋根にすることにしました。見積書によると工事費・維持費の面でも茅葺に比べ割安です。伝統文化を維持することは大変です。

(破損が著しい茅葺屋根 カラスの巣作りにも提供)
DSCN0002_convert_20170605155442.jpg

出羽神社は1207年、鎌倉時代初期の創業です。大物忌神を主神とし、月山・湯殿山・羽黒山の出羽三山を祀る地域の守護神です。
最近、神社周辺の里山が「いわき万本桜プロジェクト」の展開により桜の山に変身しています。桜と神との相乗効果で参拝者も増加の傾向にあります。

(パワースポットにもなっている境内)
DSCN0010_convert_20170605155737.jpg

屋根の修理には約1,400万円掛かります。市指定文化財であることからの半額は市からの補助で賄いますが、半額の約700万円については氏子・崇敬者からの浄財で充当することになります。皆様の中にご寄付を希望される方がございましたらお申し付けください。霊験あらたかな出羽三山の神々からのご加護があると思います。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

常磐炭田史研究会 総会・研究会を開催

常磐炭田史研究会の総会・研究発表会が5月21日、いわき市石炭・化石館で開催されました。この研究会は、かつて日本経済を牽引していた常磐炭田についての調査・研究を行うために結成された民間の研究団体です。

(総会で挨拶する 野木会長)
炭田研究会1

会長の野木和夫さんの挨拶の後、昨年度の活動・収支決算の報告、今年度の活動計画・予算の審議が行われました。
いわき市の歴史は常磐炭田抜きでは語れません。研究会では地域の子供たちにも、忘れ去られようとしている炭鉱の歴史を伝承する機会を設けています。

(会場となった いわき市石炭・化石館)
炭田研究会2

研究発表は2人の会員によって行われました。安部憲夫さんは「資料集 野口英吉(雨情)の年譜」出版について、馬目太一さんは「全炭博研in石狩炭田」に参加して、と言う題で発表しました。ちなみに、全炭博研は全国石炭産業関連博物館研修交流会の略で、平成26年にはいわきで開催されました。

(研究発表をする 馬目さん)
炭田研究会3

(全国的組織となっている研究会)
炭田研究会4


石炭産業は、一時代前は日本の基幹産業であったわけです。しかし、エネルギー革命によって石炭産業は斜陽化し、いわき市(特に常磐・好間地区)は大きく変容しました。その中でも、フラガールで全国的に有名になったスパリゾートハワイアンズは、いち早く石炭産業からの脱皮を図った成功例と言えるでしょう。

(石炭・化石館の入り口に立つ 石炭発見者 片寄平蔵の像)
炭田研究会5

研究会の会場となったいわき市石炭・化石館は、常磐炭田の歴史や採掘道具の展示や模擬坑道などが再現されており、当時の炭鉱の町を体感できる施設です。
常磐炭田史研究会はどなたでも加入できます。興味のある方はご連絡ください。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

2年目に入った 「神谷エゴマクラブ」

「神谷エゴマクラブ」も2年目に入りました。5月14日に総会を開き今年の入会者を確認しました。今年は30名を超す予定です。昨年は29名で、配付できたエゴマ油は1人当たり6本でしたが、今年は耕作面積を増やし10本以上の配付を目指しています。

(クラブ員の汗の結晶 「神谷エゴマ油」)
2年目のエゴマクラブ

今年の耕作面積は約3アール位になります。6月21日・22日の両日種まきを行いました。新たに圃場とした1アールは、3~4年間休耕していた畑ですので、今年は雑草との戦いになりそうです。

(エゴマの種まき)
2年目のエゴマクラブ2

クラブの目的は、エゴマを食べて健康寿命を延ばすことですので、配付できる本数を増やすことが目標です。最近、認知症や脳梗塞の予防、肌荒れの改善やダイエットなど、エゴマ油の効能が目につきます。畑作業で汗を流しエゴマ油を使った食事をする、こんな健康的なクラブは中々ありません。

(便利な種まき機 GONBE)
2年目のエゴマクラブ3

クラブではエゴマ油を搾った油粕を利用した商品開発を考えています。搾り粕にも十分に成分が残っているので廃棄してしますのはもったいないのです。いわき市四倉町の鈴木製麺所と提携してエゴマうどんを製造してみました。

(美味しいエゴマうどん)
2年目のエゴマクラブ5


先日行われた「ふるさとマルシェ杯」ゴルフコンペの参加賞として使いました。34名の参加者全員に4束ずつ配りましたところ「美味しい」という声が多くの方から寄せられました。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

夏井川下流域 絵になる風景

夏井川は阿武隈山地からいわき市の東部を流れ下り太平洋に注ぐ2級河川です。上流の渓谷は夏井川渓谷県立公園にも指定されている景勝地ですが、下流域の神谷地区では何の変哲もない川となります。

(絵になる風景)
夏井川の風景1

最近、河川敷内の整備が進みサイクリングロードなどが設置されています。私も気候の良い季節には海岸線までの約5キロメートルを走ります。

(整備が進むサイクリングロード)
夏井川の風景2

夏井川の河口は、潮流の影響で慢性的な河口閉塞になっています。そのため、下流域は水量も多くゆったりとした流れになります。

(ボート場に最適なゆったりした流れ)
夏井川の風景3

新緑の季節、あらためて川のある風景を眺めてみると、菜種などの花々が咲き美しい風景を見せています。周辺の美を再認識する必要がありそうです。

(菜の花が見事な遊歩道)
夏井川の風景4

太平洋防潮堤と夏井川河川敷内を結ぶサイクリングロードの充実、既存のバードゴルフ場、自然との触れ合いのできる遊歩道、そして夏井川下りなど観光の資源となる潜在的要素は沢山あるような気がします。

(河口付近に設置されたバードゴルフ場)
夏井川の風景5


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

今年の 「いわき万本桜」

いわきの桜の季節もほぼ終わりましたが、「いわき万本桜」にも多くの方が訪れました。震災後に志賀忠重さんが原発事故による負の遺産から脱却し、神谷の里山を桜の花で覆い未来の子供たちにプレゼントしようと始めたプロジェクトも6年目を迎えました。

(地域の名所となった「いわき万本桜」)
今年の桜1

震災からの復興に願いや決意を込めて植えられた桜の苗木も立派に成長し花をつけています。館山周辺の回廊美術館などの万本桜関連施設も充実し、来場者には桜の季節に限らず自然を楽しむことのできる里山となっています。

(地域を見渡せる桜の名所)
今年の桜3

周辺に蒔かれた菜の花が桜の花と見事なコントラストを醸し出しています。16日には「いわき万本桜春祭」も開催され家族連れなどで賑わいました。

(菜の花も見ごろ)
今年の桜2

いわき市立平第六小学校の裏山には、中国出身のアーティスト蔡國強さんのプロデュースによる「再生の塔」が建っています。この里山からは神谷地区のほとんどを見渡すことができ、塔は地域のシンボル的存在となっています。

(蔡國強さんのプロデュースした再生の塔)
今年の桜4

志賀忠重さんの発案した夢とロマンのプロジェクトは100年後の子供達にも語り継がれることでしょう。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!