ふじの里人 石井さんの作品

相模原に住むふじの里人石井さんは、里地里山を「エコロジー」「コミュニティ」「エネルギー」と多面的に追及する生き方を進めています。石井さんのチャレンジを拝見すると、里山には日本人が忘れ去った色々な可能性に気づかされます。

(各種の自然木で製作したマグカップ)
ふじの里人1

人間も生態系の一員なのですから、自然との調和・共存を忘れてはなりません。石井さんの作りだすグッズは、富士山麓で間伐された木材などを活用するなど自然に負荷を掛けない方法で生み出されています。

(ぶどうの古木で製作した皿)
ふじの里人2

楢・柿・桑・栴檀などで製作された木椀は、それぞれに美しい木目があり使い込むほど手になじみ、何とも言えない温もりを感じます。木器も縄文式土器と同じように原始古代の時代から使われていたわけですから「器」の原点と言えるでしょう。

(温もりを感じる各種竹製品)
ふじの里人3

竹は繁茂すると里山や農地を荒らす困った存在です。しかし、整備された竹林や竹細工には趣があります。石井さんの作った竹グッズを見ると、割りばしだけでなく広範囲な竹の活用を示唆しています。

(孟宗竹で製作した照明器具)
ふじの里人4

産業革命以前の日本には里山と一体となった生活があったのです。薪や炭は勿論、日常使用される紙も楮や三俣を栽培し生産されていました。江戸時代まで日本人は、自然に負荷を掛けないエコロジー生活をしていたわけです。利便性の追求だけに走らず、立ち止まって原点を見直すことも必要です。

(蜜蝋とエゴマ油で製造したワックス)
ふじの里人5

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

中欧4カ国紀行 6 ウイーン シェーンブルン宮殿

オーストリアには9カ所の世界遺産があります。代表的ともいえるのはウイーン歴史地区にあるシェーンブルン宮殿でしょう。オーストリア語でシェーンは美しい、ブルンは泉だそうで、「美しい泉」を意味するということです。

(シェーンブルン宮殿の全景)
シェーンブルン宮殿2

歴史は古く16世紀の中頃、神聖ローマ帝国マクシミアン2世がこの地域の土地を買い取ったことからスタートします。大宮殿として完成するのはマリア・テレジアの時代ですので18世紀の中ごろのことです。

(広大な庭園)
シェーンブルン宮殿3

マリア・テレジアの娘マリー・アントワネットが宮殿に滞在した時、神童モーツアルトが招待されたそうです。宮殿内で転んだモーツアルトをマリー・アントワネットが助け起こしたところ、モーツアルトが「僕と結婚して」とプロポーズした、という伝説があります。結婚していれば、ギロチン台に送られずに済んだのにと思ってしまいます。

(宮殿にマッチした観光用の馬車)
シェーンブルン宮殿5

宮殿は、フランス皇帝ナポレオンの司令部の設置、1815年のウイーン会議の会場、1961年のケネディ大統領とフルシチョフの会談会場など歴史的にも重要な役割を果たしてきました。石造りの重厚で広大な宮殿は、建築の美と豪華なライフスタイルを現代に伝えています。

(観光客で賑わう宮殿正門)
シェーンブルン宮殿4

面白い話は、宮殿は観光客に公開されている2階部分を除いた居室が賃貸住宅として一般に貸し出されているということです。家賃は日本円で約4万円と言うことですが、不便さもあってかウイーン市民にはあまり人気がないそうです。1年間ぐらい宮殿をお借りし、ウイーンを満喫するのも良いのではないでしょうか。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

中欧4カ国紀行 5 ハルシュタット(オーストリア)

ハルシュタットは周辺を急峻な山々に囲まれた美しい湖畔の町です。東西に長いハルシュタット湖畔の斜面に張り付くように建物が並んでいます。

(湖畔に建つ教会)
ハルシュタット1

湖畔のレストランでマス料理とワインで昼食を済ませ散策のスタートです。世界にある湖畔の町で最も美しいと言われるこの町の風景は桃源郷を彷彿とさせます。

(斜面に建つ住宅 どの窓にも鉢植えの花が咲く)
ハルシュタット2

周辺の高い山々が湖に滑り込むような地形ですので住宅を建てるスペースは貴重です。建物は急な斜面を活用したり、湖にせり出すなど巧みな土地利用をしています。

(湖にせり出して建つ住宅)
ハルシュタット3

(対岸に建つ高級住宅)
ハルシュタット4

人口は1000人にも満たないと言うことですが、歴史は古く先史時代に「ハルシュタット時代」があるほどです。その要因には塩があるようです。近くに世界最古の塩坑があり、ハルシュタットは塩で栄えた町のようです。

(車窓からの眺め)
ハルシュタット6

(桃源郷を彷彿とさせるハルシュタット)
ハルシュタット5

1997年にユネスコの文化遺産に登録されています。小さな町、魅力的な町、美しい自然が残る穏やかな町、木造のかわいい建物、湖沿いのレストラン、名物のマス料理など駆け足で堪能しましたが、もう一度訪れたい町の一つです。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

中欧4カ国紀行 4 ザルツブルク (オーストリア)

9月28日午前中はザルツブルクの街を散策しました。街の中心部のゲトライデ通りにモーツアルトの生家があります。現在は記念博物館になっており、モーツアルトが少年時代に使用したバイオリンや自筆譜なども展示されています。

(モーツアルトの生家)
ザルツブルク1

4階には、モーツアルトが1756年に誕生した時の「出生の部屋」も残っています。平凡な佇まいですが、当時の雰囲気を感じ取ることが出来ます。特段音楽に興味を持っているわけでもない私にとっても音楽の原点に触れたような気分になりました。

(旧市街地のゲトライデ通り)
ザルツブルク2

サウンド・オブ・ミュージックの「ドレミの歌」の舞台となったミラベル宮殿は、バロック建築を代表する建築物です。現在はザルツブルクの市長公邸として使用されています。

(市長公邸として使われているミラベル宮殿)
ザルツブルク3

庭園を散策すると、学生時代に見たジュリー・アンドリュース主演のサウンド・オブ・ミュージックのシーンが思い出されます。

(サンド・オブ・ミュージックの舞台となった公園)
ザルツブルク5

この宮殿と庭園は音楽と密接な関係があるようです。モーツアルトは若いころ、姉と一緒にコンサートを開いたそうです。現在も宮殿「大理石の間」ではウィーンやベルリンのフィルハーモニー管弦楽団などが演奏しています。演奏が行われる時期に訪れ、ゆったりとした気分で芸術を味わってみたいと思いました。


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

中欧4カ国紀行 3 チェコ南部  世界遺産 チェスキー・クルムロフ 

9月27日、プラハからチェスキー・クルムロフに向かいます。途中、ホラショヴィツェ歴史地区に立ち寄りました。中世の建物を残す南ボヘミア地方の小さな町で、ヨーロッパの原風景を感じます。ペストが猛威を振るった14世紀、人口2000人のこの町で生き残ったのは、たったの5人と言われています。

(中世の原風景を感じる街並み)
チェスキー2

チェスキー・クルムロフは「世界で一番美しい街」として人気上昇中の街です。ルネサンス様式の建築が数多く残された箱庭のような街並みは、ヴルタヴァ川と周辺の紅葉に抱かれ中世の世界に誘ってくれます。

(チェスキー・クルムロフ城からの眺め 聖ビート教会)
チェスキー1

ヴルタヴァ川が大きく湾曲する内側に旧市街地があります。クルムロフは「川の湾曲部の湿地帯」を意味し、川の流れが変化すれば中洲となっても不思議ではないような地形をしています。

(チェスキー・クルムロフ城からの眺め 中世の箱庭)
チェスキー4

チェスキー・クルムロフ城は中洲のような旧市街地の外側の断崖に聳え、小さな町に不釣り合いの大きな城です。ボヘミア地方ではプラハ城に次ぐ規模の城塞です。城の持ち主が変わるごとに増築を繰り返してきた結果、ゴシック、ルネサンス、バロックと、様々な建築様式が混在しています。

(断崖に立つチェスキー・クルムロフ城)
チェスキー3

(城の塔)
チェスキー5

1日の寒暖の差が15度位あるため紅葉が見事です。城内から眺めるチェスキー・クルムロフの町は近代化にさらされていない「中世の箱庭」です。まさに、「世界で一番美しい街」と言っても過言ではないでしょう。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!