トルコ紀行(はじめに)

アジアとヨーロッパの接点であるトルコは、歴史的にも興味のある地域です。特にオスマン帝国のスルタン、メフメト2世がビザンティン帝国の都コンスタンティノープルを陥落させた古戦場をこの目で見てみたいというのが以前からの夢でした。

今回の10日間の旅行では、以前から描いていたトルコのイメージを再確認したことと、新たに認識したことがいくつかあります。東西文化の接点として形成された人種・宗教・風俗などは想像していた範疇に入るものでした。

しかし、親日的とは聞いていましたが、トルコの人たちがこれほど日本に対する理解を深めようとしていることには驚きでした。イスタンブールで知り合い、名刺を交換した50才代の男性からは帰国と同時くらいにメールが届き、再度トルコを訪問した折には案内したいと言っているほどです。

現地の添乗員がトルコは観光立国をめざし人口の35%は観光関係で雇用を生んでいると言うだけあって、ホテルなどの宿泊施設やレストランの食事も充実しています。トイレのウォシュレットの普及はフランス・ドイツなどより進んでいて清潔感を感じました。

住宅の近代化は国の施策として進めているようです。首都アンカラやイスタンブールなどの郊外では、かつてのスラム街を改修し高層マンションが立ち並び整然とした住宅街が建設されていました。
次の「トルコ紀行」からは、行程にしたがい旅のつれづれを書きたいと思います。

(ボスポラス海峡越にアジアサイドを望む)
2012 6 1

(ヒルトンホテル9階からの眺望 右側はリッツカールトンホテル)
2012 6 1 2


関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)