春よ来い

「暑さ寒さは彼岸まで」と言われますが、いわきでも梅の花が咲き始め春の訪れを感じられるようになってきました。

一年前の今頃は季節の移ろいなどに気が回るゆとりはなかったことが思い返されます。
震災後のいわきの中で私が最も気になる地域の一つは、津波で集落のほとんどが崩壊してしまった薄磯地区です。ここは自宅から約5km位の所で時に訪れています。先日、3月11日には「HUMANBAND-手をつないで福島を結ぶ」に参加し、日の出に鎮魂の祈りを捧げて来ました。

3月21日、用事の傍ら迂回して薄磯海岸を走りました。風はあるものの、太平洋は穏やかで青く澄んだ海の色にも春の訪れが感じられました。壊滅した集落跡地には人影はなく、倒壊だけは免れた2軒の家が家主の帰りを寂しく待っているような風景が海岸線を一層空しく広々と感じさせます。

海岸線を後に県道へとハンドルを切ったとき、住宅跡地の一角の花壇がパッと目に飛び込んできました。思わず車を止め降りてみると、ハート型に色とりどりのパンジーが植えられていたのです。津波で自宅を失った方が家族で戻って作った花壇ではないか、と想像し胸が熱くなりました。

この地区の住民の多くは、いわきニュータウンに作られた仮設住宅に移住し、現在高台への集落移転が検討されているところだと思います。しかし、人は誰でも長年生活したところに色々な思い出があり、簡単に離れることは出来ません。この「ハートの花壇」も長年四季の花が植えられていた家族の憩いの場で、爪痕のままに放置するわけにはいかない家族の熱い思いがあったのでしょう。

事実上住むことが出来なくなった地域は、これからの安全・安心を考えれば集団移転が妥当な選択でしょうが、住民の心の整理と経済的負担が大きな課題です。行政にはハード面とソフトの面から千年に一度の災害に相応しい対応を求めたいと思います。

(津波で破壊された住宅跡地の花壇、遠くに見えるのが塩屋崎灯台)
20120328.jpg
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)