震災による文化財の被害

東日本大震災から一年が経過し、いわき市の震災による被害を見直してみますと、改めてその甚大さに驚嘆するばかりです。すこし心に余裕が出てきたせいか、神社仏閣などの文化財がどのような状況なのか気になりました。 

特に、国宝や重要文化財よりはランクの低い文化財で、被害の状況が報道されていないものに対してです。
賢沼寺は津波で壊滅的な被害を受けた薄磯地区の隣り合わせの沼之内地区にあります。いわきでは「沼之内の弁天様」といって地域の人々に親しまれている所です。正式名称は辨財天別当賢沼寺というのですが、この寺院に付属した賢沼(かしこぬま)に生息するウナギが国指定の天然記念物となっています。

この沼にはいろいろな伝承がありますが、過去のどのような旱魃の時にも水が涸れたことはないと言われています。

3月21日この地を訪れてみますと、賢沼は地震によっても地割れなどすることもなく、春の日差しに湖面がキラキラと輝き水をたわわにたたえていました。

しかし、沼に突き出た「弁天堂」は見る影もなく水の中に崩れ落ち、護岸の石垣や本堂などにも被害があり立ち入り禁止になっていました。

薄磯で住宅を失った方は、いわきニュータウン地区の仮設住宅に移住し、破損住宅の修理も終了していないのが現状です。神社仏閣の修理が行われないのも当然かもしれませんが、地域の人々と長い歴史を共に歩み、心のよりどころとなってきた文化財の修復も忘れてはなりません

(賢沼に沈みかけている弁天堂)
弁天様
















関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)