大吟醸交響曲

戦時中、旧制中学校の入学試験に口頭試問があった頃、こんな遣り取りがあったそうだ。
「お前は何の花が好きか」という問いには「桜の花です」が正解で、さらに「その理由は」と問われると、これにも正解があり「パッと咲いてパッと散るところが帝国軍人と同じだからです」と言うことだ。
今となっては笑い話のようだが、桜は日本の軍隊との関わりが多い。
予科練の歌には「七つボタンは桜に碇・・・」と歌われているように記章やボタンなどに桜をモチーフしたものが多い。軍隊に限らず日本人と桜は密接な関連を持っていることは言うに及ばずであろう。

ところで、花見となればお酒がつきもの「花見で一杯」である。
そんな花見にふさわしい一本が蔵のまち喜多方市にある小原酒造の「大吟醸交響曲」である。
なぜ日本酒に交響曲かと思われる方もいるかとはおもうが、酵母菌にモーツァルトを聴かせて醸造したといわれるこだわりの逸品なのである。小原酒造では酵母菌に音楽を聴かせその変化を観察した。すると、聴かせたほうのタンクの酵母が活発で、とくにクラシックを聴かせた酵母がとびぬけて活性化したそうである。
そんなことからクラシックと日本酒の不思議な組み合わせにより大吟醸交響曲蔵酔(くらしっく)、純米協奏曲蔵酔、特別本醸造蔵酔が生まれた。

交響曲をBGMにし、散る桜を眺めながら逸品大吟醸交響曲蔵酔を一杯復一杯と重ねてみた。
陶然として世塵を忘れ春の宵は値千金となった。

小原酒造 大吟醸交響曲蔵酔(くらしっく)
ふるさとマルシェ
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)