浄土宗 旧奥州惣本山専称寺 平成の大改修

 東日本大震災によるいわき市内の被害は、海岸線の津波によるものが最大でしたが地震そのものによる住宅などの倒壊も多く見られました。
 
 そのような中で、いわき市平にある旧奥州惣本山専称寺も大きな被害を受けました。正式名称は梅福山報恩院専称寺といい、良就十聲(りゅうしゅうじゅっしよう)によって1395年に創建されたものです。良就は浄土宗名越派の祖良弁(尊観)の流れを汲む僧とされています。
 
 江戸時代には名越派の奥州惣本山、壇林(学舎)寺として多くの僧を育成し、東北地方の浄土宗の中心寺院として栄えました。専称寺は夏井川の南にある山の斜面を切り開き伽藍を配置していますので東側には太平洋を望み風光明媚です。また、参道の左右には梅林が広がり名所となっています。現在は、本堂・庫裡・総門が国指定重要文化財に指定されていますが、専任の住職も不在で檀家も少ないことから十分な維持管理が出来ているとはいえません。ちなみに、私も檀家の一人として憂いでいたところです。

 そんな折に大震災が起こったわけですから、老朽化した専称寺に相当なダメージを与えてしまいました。応急措置として本堂と総門にそれぞれ筋交いを行いましたが、いつ倒壊してもおかしくない状態になっています。
 
 そのようなことから改修計画がもち上がったわけですが、莫大な費用がかかることから専称寺と檀家だけで出来るものではありません。この平成の大改修には、国指定重要文化財の所轄省庁である文化庁、文建協、福島県教育庁文化課、いわき市教育委員会文化課文化財係、浄土宗の各寺院、檀家や協賛者など多くの方々の協力により実現しようとしています。

 私たち檀家としても応分の負担を確認したところですが、浄土宗関係者に限らず、仏教文化財の後世への伝承に賛同いただける方のご支援をお願いいたします。

(倒壊の危険性のある総門)
専称寺01

(左右に梅林が広がる参道)
専称寺02

(被害を免れた鐘楼)
専称寺05

(倒壊の危険性がある本堂)
専称寺03

(境内からの眺望)
専称寺04
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)