FC2ブログ

福島原子力発電所 周辺の駅

常磐線は東日本大震災とそれに伴う東京電力第一原子力発電所の事故の影響で広範囲に被災した。その後、除染や復旧工事が進められ最後に残っていた福島県内の富岡~浪江間についても2020年の3月に開通し、東京~水戸~いわき~仙台を結ぶ動脈がやっと復旧した。

(新装なった双葉駅)
DSCN1297_convert_20210203152302.jpg

(閑散とした駅の南側)
DSCN1299_convert_20210203152615.jpg

富岡~浪江間には帰還困難地域が残っており、重点除染による線路と沿線の駅を結ぶいわば点と線の確保によって開通した感がある。駅は街の重要な構成要素である。帰還困難地域にあっても、取り敢えず役場と警察署と駅の復旧を専決するのは当然だろう。

(震災の被害を免れた浪江駅)
DSCN1290_convert_20210203153440.jpg

(津波で全壊、新築した富岡駅)
DSCN1300_convert_20210203153900.jpg

福島第一原子力発電所から10キロ圏内に入る双葉駅、震災前は近くに県立双葉高校などもあり乗降客の多い駅であった。駅周辺は帰還困難区域の一部解除により立ち入りが自由とはなったが、その外側は依然として立ち入り禁止であり地震により被害に遭った家屋が復旧できずに取り残されている。

(Jヴィレッジと直結したJヴィレッジ駅)
DSCN1310_convert_20210203154852.jpg

震災と津波により倒壊した駅舎は改築され近代的な姿となっている。これらの駅が中核となりスプロール的に復旧することが待たれるが、問題は徹底した除染と風評の払拭だろうと思う。避難が解除された町村の住民帰還率は30%にも満たない。多くの住民が故郷に戻り常磐線と新しい駅舎を利用する日々が待たれるところである。


関連記事
スポンサーサイト




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)