FC2ブログ

古関裕而作曲の社歌と応援歌

連続テレビ小説「エール」も終わり、朝の楽しみが減ってしまった感がある。あらためて古関裕而が作曲した歌の多さと民衆に及ぼした影響を再認識した。いわき市にも古関作曲の校歌なども多い。その中に、いわき市の産業を支えた常磐炭礦の社歌や同社野球部の応援歌も含まれていたことが判明した。

(都市対抗野球オール常磐の応援に使った団扇)
DSCN1222_convert_20201214150817.jpg

残念ながら常磐炭礦は閉山によって常磐興産に変わり、都市対抗野球で活躍した野球部も解散してしまった。社歌も応援歌も過去のものとなってしまい、残っているのは歌詞とメロディーラインだけだった。

(湯本高校・常磐炭田史研究会の関係者)
DSCN1220_convert_20201214152329.jpg

そこで、常磐炭田史研究会では県立湯本高校の小山田教諭に編曲を依頼した。同研究会は戦後経済復興の一翼を担った常磐炭礦の遺産を後世に引き継ぐことを使命としている。この2つの曲も重要な文化遺産と考え、音源を当時の姿に復元し保存することにしたのである。

(復元されたCDを野球部長から野木会長に贈呈)
DSCN1214_convert_20201214151209.jpg

県立湯本高校は旧常磐炭礦の地元の高校である。学校長もこれらのことに理解を示し、全面的に協力をしてくれた。同校のブラスバンド部、合唱部、野球部などの協力を得て2つの曲は見事2復元されCD化された。

関連記事
スポンサーサイト




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)