「神谷米」の販売を始めます。


〔検査の結果、この米からセシウムは検出されておりません〕

 いわき市の東部に流れる夏井川。この川の河岸段丘には弥生時代から農耕が行われてきました。神谷地区が穀倉地帯となるのは、江戸時代の初期寛永年間に岩城平藩郡奉行「沢村勘兵衛」によって行われた大規模灌漑工事によるものです。

 神谷地区は夏井川の氾濫原で、上流の阿武隈山地から運ばれた肥沃な土砂が堆積し米作に適した土壌となっています。神谷の米は江戸時代から美味しい米として評判でした。

 鈴木一成さん(43歳)は江戸時代から続く農家に生まれ、米作一筋に美味しい米を生産しています。一成さんは自分で生産した米を「神谷米」としてブランド化したいという米作りとしての夢を持っています。「ふるさとマルシェ」では一成さんの夢とロマンを実現するため応援することにしました。

 さて、いわき市で生産された米というと気になるのはセシウム汚染問題だと思います。「ふるさとマルシェ」では支援するに当たって福島県が測定した結果とは別に独自に詳細な線量測定を実施しました。具体的には、一成さんが主に耕作している中神谷地区の7箇所から偏りなく籾米を採取、測定は富士フィルムRIファーマ株式会社に依頼しゲルマニウム半導体検出器により行いました。

 その結果は、7箇所の全ての地点で「検出されず」でした。一成さんも私たちもほっとした次第です。特に、リスクの高い籾米の状態での測定でしたので自信を持って皆様にお届けすることが出来ると考えております。

 ※ 近日掲載予定 ※
 
 <安全な神谷米が育成される田園>
 神谷米-田園風景


関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)