FC2ブログ

神谷エゴマクラブ 過去最高の収穫

神谷エゴマクラブは11 月7日、収穫したエゴマの実の選別と株起こし起こしを行い今年の全作業を終了した。収穫量は155キログラムと、昨年の100キログラムから大幅な増収となった。収穫したエゴマの実は29名のクラブ員の汗の結晶のように、キラキラと輝いて見える。

(選別作業は明治時代の唐箕を使用)
DSCN1176_convert_20201116163247.jpg

(クラブ員の汗の結晶 エゴマの実)
DSCN1178_convert_20201116163452.jpg

5月に行われた種まきと除草、6月・7月の摘芯と土寄せの作業などクラブ員は農作業に汗を流した。一番苦労するのは収穫の実落としである。ブルーシートを敷いた上にビール箱を置き、それに打ち付けて実を落とすのであるから、弥生時代の農法とさほど変わりはない。

(弥生時代と変わらぬ農作業)
20201024_084243[1]_convert_20201119115717

(市街化区域のど真ん中にあるエゴマ畑)
20201024_132142[1]_convert_20201119114857

(入念に選別作業)
20201024_105340[1]_convert_20201119114104

今年の耕作面積は約3アール、市街化区域の中にある農地である。最近、農業従事者の高齢化が進み耕作を放棄する土地も出始めている。そのような土地を無償でお借りしエゴマの栽培をしているのであるが、クラブ員も立派な高齢者であることは間違いない。

(6月の摘芯と除草作業)
20200809_155154[1]_convert_20201119120612

グループで同じ目的をもって作業することに意義がある。高齢者引きこもり防止の一助になっているのではないかと自負している。エゴマの実は奥会津の金山町の搾油所で製品化し会員に原価で分配する。エゴマ油で健康寿命を保ち連帯感を構築できれば一石二鳥のエゴマクラブである。
関連記事
スポンサーサイト




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)