FC2ブログ

拘りの最小4WD 

約10年、6万キロほど乗った三菱自動車のパジェロミニを手放しスズキジムニーに乗り換えた。以前もジムニーを4台ほど乗ったことがあるので元に戻ったということになるのだが、20年ぶりに乗ってみてその変容と進化に驚いている。

(小粒だがピリリと辛いジムニー)
DSCN1041_convert_20200907162608.jpg

私の四輪駆動車の遍歴をたどると結構長い。30代半ばのころ、近所の中古車屋でホロ付きの赤いスズキジムニーを見つけたのが始まりである。子供が小さかったころで、その当時は乗り入れのできた砂浜を四駆で軽快に走ったものであった。

(お世話になったパジェロミニ)
DSCN1032_convert_20200907162824.jpg

(頑張った10年間 65660キロ走行)
DSCN1034_convert_20200907163049.jpg

その後、四輪駆動熱は妻に伝染してしまった。ジムニーを4台、パジェロのディーゼル車、フォレスター、パジェロミニ、そして今回の新型ジムニーと乗り継いだ。全てこれらの持ち主は妻である。私は時にお借りしワイルド感を楽しんでいるのである。なぜ四駆でなければならないのか、そのような必然性は何もない。言わばとり付かれたということだろう。

(頑丈なジムニーの梯子型フレーム)
DSCN1073-02_convert_20200907164814.jpg

ところで新型ジムニーであるが、頑丈な梯子型フレームにサスペンションを取り付ける本格4WDの伝統は勿論継承し進化している。軽自動車なのに何故ここまで拘るのか。雪も降らないいわき市でこの機能を発揮することはたぶんないだろう。なのに、注文して1年3カ月待ちやっと手に入れたのだ。

(堅牢さを誇る下部構造)
DSCN108002_convert_20200907170337_202009071710342f7.jpg

車体の下に潜って梯子型フレームを確かめてみる。見事だ。この実力をどこで発揮すればよいのか。悪路を走るしかないのだが、持ち主に言ったら汚れるから止めて、と言うに決まっている。この冬に奥会津にでも行って雪道に挑むのを楽しみにしている。

(梯子型フレームに取り付けた前輪のサスペンション)
DSCN107802_convert_20200907171143.jpg
関連記事
スポンサーサイト




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)