FC2ブログ

ポーランド紀行 世界文化遺産の木造教会

木造建築の文化遺産と言えば日本の専売特許のように思えるが、石文化のポーランドにも世界文化遺産となっている木造建築の教会があることに驚いた。それは、ヤボルとフィドニツァの平和教会である。建てられたのは17世紀の中ごろ、日本でいえば江戸時代の初期にあたる。

(え? これ世界文化遺産と思えるような木造の山小屋風教会)
木造教会1

訪ねたのはヤボルの平和教会である。黄葉の石畳みを歩むと木造の教会が見えてきたが、さほど感動はしない。規模の大きな山小屋とも見えそうな佇まいであり、これが世界文化遺産なのかとも思える外観である。

(中に入ると唖然 主祭壇の上に設えられた巨大なパイプオルガン)
木造教会2

しかし、中に入ると外観からは想像できない荘厳さが迎えてくれるのである。この外観と内観のアンバランスさは何事だ。突如、竜宮城に入り込んだような気分である。バロック様式で煌びやかな内装が訪れる者の目を奪う。

(見事なバロック様式の内装)
木造教会3

ヨーロッパの殆どの地域を巻き込んだ「三十年戦争」の後、オーストリアの皇帝がこの地方に住むプロテスタントのために特例として教会の建築を許可したのだそうだ。そのため教会のシンボルとなるような尖塔や荘厳な石造りの外装は許可されなかったようだ。

(絶えず修復作業が行われている)
木造教会4

教会に入ると中央の主祭壇の上部に置かれたパイプオルガンが際立つ。信徒席に座って約15分間演奏を聴いた。宗教音楽には疎い私ではあるが、見事なバロック様式の中で聴くパイプオルガンの荘厳な響きは、天上界への誘いのようにも思えてくる。精神的な中世に浸ることのできた教会の訪問であった。

(教会に至る小径)
木造教会5

関連記事
スポンサーサイト




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)