FC2ブログ

ポーランド紀行 古都ボズナン

9月25日、古都ボズナンを観光。天気予報は例によって、「晴れ時々曇り処によって雨」である。曇り空で肌寒いが石畳の街は爽やかである。ボズナンは968年にミェシコ1世がポーランドを建国してから1039年までポーランドの首都であった。

(ボズナン旧市庁舎)
ボズナン1

ワルシャワとベルリンの東西交易の中継地として栄え、現在も商業都市として発展している。現地ガイドの話によると、ボズナン人は勤勉でよく働くため失業率も他地区と比べ低いと言うことだ。教育にも熱心で、ボズナン大学はワルシャワ大学、クラクフ大学と肩を並べる国立大学だそうである。

(広場への路)
ボズナン2

古都ボズナンを満喫できるのは旧市場広場である。広場はルネサンス様式の旧市庁舎やカラフルなレンガ造りの建物に囲まれている。観光客の姿はほとんどない。傍らのベンチに座るブロンドの髪の女性が広場の景観にマッチしている。

(カラフルなレンガ造りの建物に囲まれた旧市場広場)
ボズナン3

ポーランドで最古の大聖堂と言われるボズナン大聖堂は、荘厳なバロック建築で旧市街地から少し離れた場所に毅然と立っていた。戦争の被害を受け復元されたそうだが、ずっとボズナンの変遷を見つめてきた重厚さを感じた。さしずめ、日本で言えば奈良の法隆寺と言ったところだろうか。

(ボズナン大聖堂)
トルン3

(忠実に復元されたステンドグラス)
ボズナン4

前日に訪れたトルンに比べると戦争の被害を大きく受けたそうだ。この都市もワルシャワ同様市民の情熱によって長い時間をかけ復元されている。戦争は多くの人命を奪い去ると同時に、貴重な歴史と文化を破壊してしまうことを忘れてはならない。

関連記事
スポンサーサイト




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)