FC2ブログ

ポーランド紀行 ワルシャワをこよなく愛したショパン

ショパンはワルシャワをこよなく愛した音楽家である。生家はワルシャワの54Kmほど西に位置するジェラゾヴァ・ヴォラの町にある。その庭園には日本の桜を含め、世界中から贈られた花や木が植えられている。訪ねたのは9月末であったが季節はすでに秋、広大な庭園は黄葉が始まっていた。

(静かな杜の中のショパンの生家)
ショパン1

(子犬を連れたショパンに出会いそうな広大な庭園)
ショパン2

「ピアノの詩人」と呼ばれるように、さまざまな形式の音楽を残している。ショパンの作品の中で私は、軽快なリズムで子犬がしっぽを追いかけ回る姿を見て作られたといわれる、愛らしい旋律の「子犬のワルツ」が好みである。

(老舗レストラン ホノラトカ)
ショパン8

(ショパンがお気に入りのレストラン)
ショパン6

(店内に展示されているショパンの楽譜と手)
ショパン4

(コンサートホール フレデリック)
ショパン9

ショパンは39歳の若さで亡くなる。生涯をたどると病魔に侵されながらも恋と失恋繰り返し、それをバネに数々の名曲を創作した偉大な音楽家である。遺体はパリのモンマルトルの丘の近くに埋葬されたが、心臓は姉のルドヴィカによってワルシャワに運ばれ聖十字架教会の柱の奥深くに安置されている。

(ショパンの心臓はこの柱の奥深くに安置されている)
ショパン10

ワルシャワでは、毎日市内のどこかでショパンコンサートが行われている。雨上がりの夕暮れ時、ショパンが足しげく通ったとされる老舗レストラン「ホノラトカ」で食事した後コンサートホールに向かった。50~60人で満席になる瀟洒なホールである。

(ショパンが住んでいたアパート前の新世界通り)
ショパン5

フレデリック・ショパンのピアノリサイタル、演奏者はワルシャワ大学教授のロベルタ・スキーラさんである。「軍隊」・「雨だれ」・「子犬のワルツ」など9曲を演奏、レストランでのワインの酔いも手伝いうっとり。余韻を楽しみながら雨上がりの石畳を踏みしめながらホテルに戻ったのであった。
関連記事
スポンサーサイト




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)