FC2ブログ

クラゲの水族館

旅行のついでに、噂の加茂水族館を訪れた。この水族館は85年前に地元の有志が出資して開設されたという。その後、閉館の危機に見舞われ、50年代以降は入場者も減少し小さくて古い地元からも見捨てられた水族館になってしまった。

(話題の加茂水族館)
クラゲ2

アシカショーやラッコショーなどの企画をするも失敗。そんな折、「生きたサンゴと珊瑚礁の魚展」を開催すると、サンゴの水槽に3~4ミリのサカサクラゲの赤ちゃんが紛れ込んでいた。これがクラゲ水族館のヒントとなったそうだ。

(浮遊するオワンクラゲ)
クラゲ3

(幻想的なクラゲの世界 4000匹のミズクラゲ)
クラゲ4

加茂水族館がブレークするのは、ノーベル賞を受賞した下村教授がオワンクラゲの発光の仕組みを解明したことによる。折しも、オワンクラゲを飼育していた加茂水族館が注目され、全国的に有名になったのである。

(得体のしれないクラゲダンス?)
クラゲ1

クラゲは90%が水分でできているゼラチン質のプランクトンである。海中を主体性なくプカプカと浮遊し、時に海水浴客が刺されて大騒ぎになったり、異常発生し漁業に迷惑をかけたりしている。決して歓迎される生き物ではない。

(ウリクラゲ?)
くらげ

しかし、加茂水族館で飼育されているクラゲを見る限りは邪魔者とは思えない。鶴岡市にとっては窮地に立たされた水族館を救った救世使なのだ。館内のレストランではクラゲラーメンやクラゲアイスなどが人気を呼んでいる。視点を変えてみること、発想の転換が成功の源であることを知らされた。
関連記事
スポンサーサイト




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)