FC2ブログ

好天に恵まれた愛宕地蔵尊例大祭

6月24日、中神谷(なかかべや)瀬戸にある愛宕地蔵尊の例大祭が行われた。例年、梅雨の時季に当たるため雨に見舞われることが多い。しかし、今年は大祭と前後の2日間とも快晴となり、滞りなく古今伝授を執り行った。

(好天に恵まれた例大祭)
愛宕地蔵尊1

(夏井川を流れてきたとの伝承がある御本尊)
愛宕地蔵尊2

私達世代が子供時代の昭和30年代には、出店も出て大変な賑わいだったことを覚えている。その後は形骸化してしまい、年中行事を関係者だけで細々と執り行っていた。

(氏子が奉納した小旗)
愛宕地蔵尊7

近年、古の賑やかさ取り戻そうとの動きが出てきたのは喜ばしい。祭りの復興の秘訣は子供が足を運びたくなるような企画を取り入れることだ。子供たちに絵を描いた灯籠を奉納させ図書券をプレゼントする企画は功を奏したようだ。

(子供たちが奉納した灯籠)
愛宕地蔵尊5

昔から祭りに付き物のヨウヨウ釣りや輪投げは今の子供たちにも人気がある。子供を連れた親や祖父母の姿も多くみられ、主催者側のカウントでは50人くらいは足を運んだという話だ。小さな地蔵尊の祭典にしては大成功だ。

(賑わう地蔵尊前の広場)
愛宕地蔵尊8

(人気の輪投げは空くじなし)
愛宕地蔵尊6

昔から「火伏地蔵」と言われる愛宕地蔵尊は霊験あらたかで、地域が大火に見舞われたことがないのは信仰のお陰とされている。地蔵尊の講中は約50戸、昔は信仰を通しての連帯感が地域社会の形成の役割を担っていたのかもしれない。それまで復活させようとは思わないが、祭りによって希薄になっている人間関係の修復の一助になれば、と考えている。

(直会は吟醸酒「神谷(かべや)」を心行くまで)
愛宕地蔵尊3



関連記事
スポンサーサイト




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)