FC2ブログ

「100万回生きたねこ」 佐野洋子展 (山梨県立美術館)

山梨県立美術館で「100万回生きたねこ」佐野洋子展が開かれています。この企画は同館の40周年企画展として開催されたもので、佐野洋子の代表的な絵本の原画、小説の原稿、女性や猫などを描いた銅版画作品を合わせておよそ100点が展示されています。

佐野洋子展1

佐野洋子は、第二次世界大戦後、中国から引き揚げて山梨の伯父のもとに一家で身を寄せ、子供時代の3年ほど過ごしました。絵本やエッセイから感じられる佐野の自然と生き物を見つめるあたたかい眼差しは、多感な頃の山梨での暮らしから形成されたのかもしれません。

(随所に彫刻が配置された美術館)
佐野洋子展2

同美術館には特別展示室の他に、ミレーとバルビゾン派の作品を紹介する≪ミレー館≫、山梨ゆかりの作家を紹介する≪テーマ展示室≫、甲府市出身の美術家萩原英雄の作品を展示する≪萩原英雄記念室≫があります。山梨になぜミレーなのかは解りませんが、≪落穂ひろい≫や≪種まく人≫の風景は山梨にマッチしているようです。

(美術館の窓からは富士山)
佐野洋子展4

美術館のある「芸術の森公園」には随所に彫刻を配置し、バラ園、日本庭園、ボタン園などがあり自然豊かな憩いの場所です。美術館の入場料は、シニア、県内外の居住、前日山梨県内に宿泊かなど旅行者への配慮も忘れない設定になっていて、おもてなしの心が伝わってきました。

(広々とした庭園)
佐野洋子展3

ワインを訪ねた甲州の旅のついでに立ち寄った美術館でしたが、旅の締めくくりに芸術的な出会いがありとても良い思い出になりました。公園内のレストランで昼食をとり帰路につきました。


関連記事
スポンサーサイト




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)