夢とロマンの「いわき万本桜プロジェクト」

いわき市平中神谷に住む志賀忠重さんは「いわき万本桜プロジェクト」を立ち上げました。志賀さんはこのプロジェクトの趣旨について次のように述べています。 
〔負の財産〕

私たち日本人全員の意思で原発を利用し事故を起こした為に、未来の子供達へ負の財産を残すことになってしまいました。

これは永年にわたる放射能の身体への影響、永く使いない土地、そばに行きたくない地域を残してしまったのです。更に経済的には、天文学的な負債抱えなければなりません。

このような負の財産を残してしまうことにすごい悲しさ、悔しさを今さらながら感じています。何とかならないものでしょうか!

春、桜の花が満開に咲いているのを見て、20年後、30年後の未来の子供達に、山一面の桜を見てもらえるようにしようと思い立ちました。

万が一いわきに住めなくなった時でさえ、いわきの土地を愛していた人達の気持ちが伝わるくらい、沢山の桜の木を植えたいと思っています。

飛行機から見てもわかるくらい沢山の思いを込めた木を植えたいです。

まず近くの山から。一人ひとりの記念樹として、一本、一本に参加してくれた人の名前をつけます。

最終目標は99000本です。大勢の参加をお待ちしております。
志 賀 忠 重


そして、何十年が過ぎて未来の子どもたちが  
「おじいちゃん、おばあちゃん見て!こんなにたくさんの桜!本当に綺麗だね。でも、どうしてここにこんなにいっぱい桜があるの?」

「昔ね、東日本大震災って、大地震、大津波、原発事故と大きな災害が起こってね、ここも大きな被害を受けたの」

「知ってるよ。歴史の時間で習ったもん」

「その当時の人たちがね、今の君たちに負の財産を残したって・・懺悔と希望を桜に託してこの山いっぱいに植えたんだって」

このように語り継がれるようにしたいと、志賀さんは話しています。夢とロマンのあるプロジェクトだと思います。この企画に賛同した木村保之次さん(91歳)は約3,000坪(13,000㎡)の山林を提供しました。私もこの話を聞きましたので約1,500坪(6,500㎡)の山林を提供することにしました。これからも土地の提供者は増加すると思います。

すでに、植樹は5月8日、22日に実施しています。3回目の植樹は苗木を発注しておりますので、届きしだい第3回植樹を実施する予定です。
なお、苗木代として自分で植樹する場合は1,000円、植樹を依頼する場合は2,000円を負担して頂きます。

お問い合わせは、下記にお願いいたします。
東北機工(株) いわき市平倉前107-6
℡ 0246 (25) 0541 

< 木村保之次さん提供の山林 >
木村保之次さん提供の山林 

< 山頂へ桜の苗木を運び上げる >
山頂へ桜の苗木を運び上げる 

< 植樹の様子 >
植樹の様子 

< 願いを込め植樹した桜の苗木 >
願いを込め植樹した桜の苗木 

< 植樹後の記念写真 >
植樹後の記念写真 

< 私が提供した山林からの眺め > 私が提供した山林からの眺め

関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

テーマ : 地域情報 - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)