中欧4カ国紀行 6 ウイーン シェーンブルン宮殿

オーストリアには9カ所の世界遺産があります。代表的ともいえるのはウイーン歴史地区にあるシェーンブルン宮殿でしょう。オーストリア語でシェーンは美しい、ブルンは泉だそうで、「美しい泉」を意味するということです。

(シェーンブルン宮殿の全景)
シェーンブルン宮殿2

歴史は古く16世紀の中頃、神聖ローマ帝国マクシミアン2世がこの地域の土地を買い取ったことからスタートします。大宮殿として完成するのはマリア・テレジアの時代ですので18世紀の中ごろのことです。

(広大な庭園)
シェーンブルン宮殿3

マリア・テレジアの娘マリー・アントワネットが宮殿に滞在した時、神童モーツアルトが招待されたそうです。宮殿内で転んだモーツアルトをマリー・アントワネットが助け起こしたところ、モーツアルトが「僕と結婚して」とプロポーズした、という伝説があります。結婚していれば、ギロチン台に送られずに済んだのにと思ってしまいます。

(宮殿にマッチした観光用の馬車)
シェーンブルン宮殿5

宮殿は、フランス皇帝ナポレオンの司令部の設置、1815年のウイーン会議の会場、1961年のケネディ大統領とフルシチョフの会談会場など歴史的にも重要な役割を果たしてきました。石造りの重厚で広大な宮殿は、建築の美と豪華なライフスタイルを現代に伝えています。

(観光客で賑わう宮殿正門)
シェーンブルン宮殿4

面白い話は、宮殿は観光客に公開されている2階部分を除いた居室が賃貸住宅として一般に貸し出されているということです。家賃は日本円で約4万円と言うことですが、不便さもあってかウイーン市民にはあまり人気がないそうです。1年間ぐらい宮殿をお借りし、ウイーンを満喫するのも良いのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)