出羽神社本殿 屋根の葺き替え

いわき市平中神谷にある出羽神社は、800年余の歴史を持つ霊験あらたかな地域の守護神です。本殿はいわき市指定の文化財になっています。創建当初から茅葺だったのですが維持管理するのは大変です。30年前に葺き替えた茅葺屋根は痛みが激しく、葺き替え待ったなしの状態になっています。

(いわき市指定の文化財になっている本殿)
DSCN0001_convert_20170605154218.jpg

文化財の復元は創建当初の様相にすることが基本です。出羽神社本殿も茅葺で修理すべところです。しかし、茅の調達や茅葺職人の確保などで問題が多いことから、茅葺による復元を断念しました。

(800年の風格を保つ権現造り様式)
DSCN0004_convert_20170605154758.jpg

いわき市の文化課との協議の結果、800年の伝統と風格を保つことを条件に銅板葺きの屋根にすることにしました。見積書によると工事費・維持費の面でも茅葺に比べ割安です。伝統文化を維持することは大変です。

(破損が著しい茅葺屋根 カラスの巣作りにも提供)
DSCN0002_convert_20170605155442.jpg

出羽神社は1207年、鎌倉時代初期の創業です。大物忌神を主神とし、月山・湯殿山・羽黒山の出羽三山を祀る地域の守護神です。
最近、神社周辺の里山が「いわき万本桜プロジェクト」の展開により桜の山に変身しています。桜と神との相乗効果で参拝者も増加の傾向にあります。

(パワースポットにもなっている境内)
DSCN0010_convert_20170605155737.jpg

屋根の修理には約1,400万円掛かります。市指定文化財であることからの半額は市からの補助で賄いますが、半額の約700万円については氏子・崇敬者からの浄財で充当することになります。皆様の中にご寄付を希望される方がございましたらお申し付けください。霊験あらたかな出羽三山の神々からのご加護があると思います。
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)