「東京大学ITSセミナー」 東日本国際大学で開催

「東京大学ITSセミナーシリーズ29」が2月28日、いわき市にある東日本国際大学で開かれました。主催したのは東京大学生産技術研究所 次世代モビリティ研究センター(ITSセンター)で、いわき市、いわき商工会議所、国土交通所磐城国道事務所などの後援です。

(東京大学 須田さん)
ITSセミナー1

第1部ではITSセンターの研究者3名(東京大学教授)による発表が行われました。研究の視点は、「モビリティ」つまり人間を主役として未来の交通はどのように変容すべきかです。特に、東北の復興が「モビリティ」に新たな道を開かせたような印象を持ちました。

(完全自動走行までの道のり)
ITSセミナー2

第2部では浜通りの交通事情と地域振興・産業振興について、地元の研究者4名からの発表です。東日本大学の福迫さん、商工会議所の渡辺さん、福島高専の芥川さん、3者は復興に関連した街づくりとモビリティと言う点では共通していたようです。

(東日本国際大学 福迫さんの研究報告)
ITSセミナー3

アルパイン(株)の黒澤さんの発表からは、いわき市民として地元企業についての認識不足を感じました。アルパインのナビゲーションシステムは世界の一流車に搭載され、モビリティや新技術などの分野で最先端の研究が行われているということを再認識しました。

(アルパインの最先端モビリティ研究)
ITSセミナー5

第3部のパネルディスカッション「浜通りの復興に伴う交通問題・産業振興とITSへの期待」は時間の関係で参加できませんでした。
このセミナーは、社会貢献活動の一環として2010年にスタートしたようです。高齢化が進んでも車は必需品です。「自動車運転」による次世代交通システムはどのようにあるべきか、高齢者の仲間入りした私にとっても興味のあるところです。
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)