恒例の 餅つき大会

中神谷西区恒例の餅つき大会が、9日神谷公民館で行われました。子供達に伝統行事を継承することを目的とした行事ですが、最近の子供たちは忙しいようで10名程度の参加でした。

(親子そろって体験学習)
餅つき 1

恒例となっている「語り部の話を聞く会」も行われ、子供の数より多い高齢者が聞き入りました。語り部の小澤洋子さんは神谷地区にある小学校の教師をしていた経験がありますので、顔見知りの方も多く和やかな雰囲気です。

(語り部の小澤さん)
餅つき 3

朝からの雨も11時ごろには上がり、野外での親子餅つき大会となりました。若いお母さん方は杵と臼で餅をつく経験はないようです。子供と一緒に高齢者から手ほどきを受けながらの体験学習です。

(つきたての餅は格別)
餅つき 2

ついた餅はお雑煮と黄な粉餅にして頂き、食後は「花もち飾り」の制作です。つき立ての紅白のもちをちぎりミズキの枝に飾り付けるのが習わしです。親子の合作で見事な芸術作品が完成しました。

(「花もち飾り」の制作)
餅つき 4

お正月が旧暦で15日間あったころ、鳥小屋、木祭り、七草、小正月などいろいろな行事があったことを思い出します。ほとんどの行事が忘れ去られてしまった昨今、農耕民族としての日本人の心も失われるのではないかと危惧しています。
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)