奥会津「金山町」での避難生活

 原発で水素爆発があったのは3月15日でしたが、その前日会津の金山町にある温泉旅館「恵比寿屋」の若旦那坂内譲さんから「原発が危ないようなので避難してきては」との誘いがありました。家族で相談した結果「避難しよう」と言うことになり家族、親戚合わせて10名で金山町に向かいました。

 金山町は県立川口高校の校長であった時に2年間過ごした懐かしい町です。日本有数の豪雪地帯ですが自然豊かな桃源郷のような処です。私の家からは200km程度で東京に行くのと同じぐらいです。

 恵比寿屋は日本秘湯の会に所属し名湯の湧き出る温泉旅館です。若夫婦と母親で経営にあたっており70名余宿泊することが出来ます。

 今回の被災者受け入れは、金山町・三島町・柳津町の奥会津温泉組合の方々が立ち上げた企画です。1泊2食付2,000円という格安料金で受け入れるわけですから、勿論採算を度外視したものです。

 私たちが入った15日には、13~14名でしたが日を追って増加し18日にはほぼ満室の70余名に膨れ上がりました。私も避難は初めてですが、なんとも贅沢な避難民です。1日に3回ぐらい温泉に浸かったりしているのですから。

 私は立場上避難者代表となり、朝夕のミーティングを持ち館内の清掃の割り振りや注意事項などの連絡に当たりました。70名を越す集団になるといろいろな特技を持った人が出てきます。調理人がいたり土木作業員がいたりで、それぞれの特技を生かして旅館側の負担軽減に努めました。

 金山町温泉組合の方々の今回の震災に対する動きは積極的です。計画的避難地域に指定された飯舘村への受け入れの呼びかけや、相馬市、いわき市でのボランテア活動など、今自分たちが同じ県民として、いや同じ日本人として何をすべきなのか真剣に考え行動に移しています。

 <恵比寿屋旅館>
 恵比寿屋旅館

 <恵比寿屋旅館から見える冬風景>
 恵比寿屋旅館-冬景色

 恵比寿屋旅館のホームページはこちら

 
  ふるさとマルシェ
  被災地復興『元気になろうキャンペーン』がんばろうふくしま!がんばろういわき!



関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)