「いわき育英舎」を訪問

社会には様々な理由により、保護者がいなかったり、保護者の適切な養育を受けられなかったりする子供たちがいます。児童養護施設「いわき育英舎」は、このような子供たちを預かる施設で、30年の歴史を持っています。

(新装なった「いわき育英舎」)
育英舎

神谷地区民生委員会では、社会的養護の理解を深めるため「いわき育英舎」を訪問しました。同施設は今年8月に全面改築したばかりで、近代的で快適な空間になっています。

(施設長の市川さんの話を聞く訪問者)
育英舎2

小舎方式をとっていますので入所者は8名のグループで住んでいます。3歳から19歳まで25名が生活しています。年齢差のある子供たちがグループ化して生活することによって疑似家族を体験させ相互扶助や連帯感を培うことを意図しています。

(8名が暮らす予定の小舎「さくらの家」の玄関)
育英舎4

小学生までは地元小川地区の学校に通っていますが、高校生も8名いますので遠距離の通学を余儀なくされているようです。高校を卒業すると育英舎を出て自立することになります。

(木の温もりが感じられる「さくらの家」のリビィング)
育英舎5

施設長の市川さんは、「2・3歳で親から引き離されなければならなかった子供にとっては、育英舎が人生の原点であり心の拠り所になっている」と話していました。どこの家庭にもある風景が児童養護施設でも日々営まれています。
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)