「震災への一億人総対応社会」の構築が必要

この度の「2016年熊本地震」に際しお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに、被害を受けられた方に心よりお見舞い申し上げます。
4月14日の夜、熊本県を中心とする地域を襲った地震は、東日本大震災以来の震度7を記録しました。自然エネルギーのすさまじさは、多くの人を震え上がらせました。

(津波で壊滅的な打撃を受けたいわき市の海岸線の集落)
震災 1

当地区は東日本大震災を体験しているだけに、上下左右に揺られて崩壊する家屋、立っていることが困難で座り込む歩行者の様子を見るにつけ、あの恐怖がよみがえります。いわき市沿岸部は、加えて大津波が押し寄せたため壊滅的な打撃を受けたのでした。映像で見る限りでは、地震そのものの被害は熊本の方が大きいような気がします。

(石垣が崩落した白河小峰城)
震災 4

地震には、前震・本震・余震があるようですが、結果を見ないと区別はつかないようです。これが本震と思っても、更に強い地震が来て本震となってしまうのですからたまったものではありません。いわき市でも3月11日の震度7の地震の後、4月11日に地域にある活断層が動いたことによる地震があり家屋の倒壊などを招いたのです。熊本においても、今後余震に悩まされる日々が続くと思いますが生命の安全に十分に配慮して頂きたいと思います。

(屋根瓦が落ちたわが家 半壊)
震災 8

被災地域での生活の大変さが報道されています。東日本大震災後のいわき市でも窮乏の日々続きました。私の地区では停電は免れましたが断水は長期間となり水の確保に苦労しました。そこで役立ったのが古井戸です。水道の普及によって井戸は過去の遺物とってしまいましたが、非常の場合には救いの神となります。あまり水質の良くない我が家の井戸水も活躍の場となったのでした。このような体験を踏まえると、避難所となる場所には井戸を掘ることをお勧めします。飲料水には適さなくても、トイレや入浴には耐えられますので必ずや役に立ちます。

(役立った井戸)
震災 9

救援物資の配給にも苦労しました。市には救援物資が大量に届いているのに末端には平等に届かないのです。当時私は区長をしていましたので、地区民への物資の配給を担当しました。私の地区の救援物資は潤沢でしたが、隣接する区ではほとんど届かないので回してほしいとの要請があり、市の担当者を叱咤したこともあったくらいです。

(自衛隊が設置した銭湯)
震災 3

それから、賞味期限の問題です。物資が末端に届くのは賞味期限ぎりぎりとなっているのです。市の担当者は賞味期限の切れたものは配付することは出来ない、と言うのです。私は自分の責任の下に引き取り、期限切れ物資を近所や知人に配り喜ばれました。非常時には臨機な応変が必要なのに、そんなところにも役人気質が出てきてしまうのです。

衣と食は支援物資で何とかなっても、大変なのは住です。現在も多くの方々が自家用車内での宿泊を余儀なくされています。避難所も手狭でプライバシーが守られません。不自由な生活を強いられているとは思いますが、家族・地域が協力してこの難局を乗り切ってください。東日本大震災の折、私の地区にある小学校には原発周辺の自治体から多くの避難民が押し寄せました。3月の寒い時期でしたので、区民は自宅の被害を顧みず毛布の調達や炊き出しに奔走したのでした。

(急ピッチで建設された仮設住宅)
震災 7

これから復旧・復興が具体的に始まると思います。いわき地区の反省を踏まえれば、自治体には迅速さは当然ですが被災者の要望を可能な限り取りいれたものにする必要があります。まずは仮設住宅、そして災害公営住宅の建設が行われます。東日本大震災後のこれらの住宅には建設しても入居していないものもあったのです。建てればよい、だけではなく被災者に寄り添った復興・復旧が望まれます。

(最も早く完成した沼ノ内地区の災害公営住宅 それでも震災3年後)
震災 5

首都圏直下地震や南海トラフ地震が迫っているとの情報が飛び交っています。「一億人総活躍社会」もさることながら、「震災への一億人総対応社会」を実現することが肝要ではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)