古希同窓会

昭和39年3月に高校を卒業した私たちは古希を迎えました。これを機に、2月8日同窓会を行いました。8クラス428名いた同期生も50名近くが他界し、担任の先生も存命なのは唯1名です。以下は、代表幹事を務めた私の挨拶です。

(母校を訪問する同窓会幹事)
古希同窓会 1

皆さまお久しぶりです。幹事を代表して一言ご挨拶申し上げます。
福島県立磐城高等学校第16回卒業同窓会を企画いたしましたところ57名の出席をいただきました。そして、恩師見城先生には快くご出席いただき誠にありがとうございます。見城先生の変わらぬ若さ、「誰が生徒か先生か」見分けがつきません。後ほど若さの秘訣を教えていただきたいと思います。

(代表幹事の挨拶)
古希同窓会 2

さて、「光陰矢の如し」であります。高月の学び舎を後にし、早や半世紀以上経過してしまいました。同窓会名簿によりますと物故者は40名余です。また、欠席連絡のはがきの通信欄には「健康状態が良くなく欠席いたします」とか、奥さまからの「夫は9月に他界しました」などとの連絡もありました。

(老いを確かめ合った記念写真)
古希同窓会 3

本日出席の皆様には、これまでの人生に紆余曲折はあったかと思いますが、無事現在に至りましたこと、ご同慶に堪えません。
ところで、皆さま今年度中には全員が「古希」を迎えます。ご承知のように「人生70古来稀なり」は唐の詩人杜甫の詩「曲江」の中にある一文です。杜甫が生きたのは8世紀のことですから70歳は古来稀だったのでしょう。現在なら優に100歳を超えていると思います。

(乾杯の音頭 青木君)
古希同窓会 6

「曲江」の中で、杜甫は70歳まで生きたのだから「人生楽しまなければならない」と言っています。さて、ここで皆様にクイズします。古希を迎えてどのように人生を楽しもうとしたか。3択です。一度だけ挙手をお願いします。1、それは旅です。2、それは酒です。3、それは女です。如何でしょうか?
正解は、「女」ではなく「酒」です。「酒債尋常行処有」と言っていますように酒を楽しみにしていたようです。

(誰が生徒か先生か?)
古希同窓会 4

我々も70歳まで漕ぎつけました。お顔を拝見すると女は無理なようですから、お酒に、旅に、あるいは豊かな趣味に、これからの人生楽しく充実するものにすべきでしょう。本日の宴、お互いに変わらぬ友情を確かめる機会にしていただき、これからの人生の糧にしていただきたいと思います。ありがとうございました。

(エールの後には肩痛 元応援団)
古希同窓会 5

当時は共学ではありませんので出席者は全員男性です。3択クイズでは「女」に挙手が最も多かったのも異性の目を気にしない男子校の特色でしょう。宴は半世紀の時を超え青春時代に戻りました。2時間半があっという間に過ぎ、物足りない古希を迎えた青年は二次会へと巷に繰り出したのでした。

(母校を訪問し同窓会余剰金を寄付 左 箱崎校長 ケースの中に甲子園準優勝の盾)
古希同窓会 7
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)