美酒「神谷(かべや)」を楽しむ宴

「ふるさとマルシェ」主催、純米吟醸「神谷(かべや)」と「神谷原酒」の試飲会が12月22日、いわき市平白銀町の居酒屋「柏谷屋」で開催されました。会には、このプロジェクトに参加した神谷米生産者、醸造を担当した渡辺酒造本店社長、主催した「ふるさとマルシェ」関係者、更には美酒「神谷」のファンなど25名が参加し盛大に行われました。

(「ふるさとマルシェ」会田さんのスピーチ)
神谷試飲会 1

主催者を代表し筆者から、三代目神谷の今日に至る経緯、神谷原酒の漢詩ラベルの解説などを踏まえた開会の挨拶をしました。渡辺社長からは、「昨年より辛口に仕上がった自信作、三代目が勝負のしどころ」などとの挨拶があり、乾杯となりました。

(自らの書「神谷」のシャツを着てスピーチする川島さん)
神谷試飲会 2

「先ずはビール」と言うのが通例の飲み会ですが、今日ばかりはそうはいきません。乾杯も「神谷」、一杯復両杯と杯を重ねるのも「神谷」、さすが日本酒好きの集まりです。

(右から醸造担当渡辺さん・神谷米生産者平田さんと鈴木さん)
神谷試飲会 3

酒間にスピーチをいただきました。前いわき市議会議長の蛭田さん、ラベルを篆書でしたためた川島さん、テレワークセンター社長の会田さん、神谷米生産者の鈴木一成さん、皆さん酔うほどに弁舌さわやかです。異口同音に、この企画が一次産業、二次産業、三次産業が見事に連携した地域おこしと称賛していました。

(女性にもファンの多い「神谷」 谷原さん)
神谷試飲会 4

鈴木一成さんは「神谷米」を使った一連の取り組みを福島県の農政連で発表し第一位となり、秋田で行われる東北大会に出場することになっていることについて話しました。「神谷」を酒処秋田に持ち込もうというのですから、手ごたえが楽しみです。

(神谷地区の米生産者の活動の記事 日本農業新聞)
神谷試飲会 5

試飲会は明日が祝日とあって、心行くまで杯を重ねることとなり、原酒のラベルの漢詩には省略されている二行「更に一杯を強いれば、陶然として萬累を忘る」の境地に陥った方も居たようでした。
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)