いわき市在京・地元各界交流の夕べ

恒例となっている「いわき市在京・地元各界交流の夕べ」が、8月18日に新橋第一ホテルで開催され約500名が参加しました。この会も今年で30回となり、規模内容ともに豊富になって来ています。

(主催者の挨拶をする清水市長)
交流の夕べ

あいさつに立った清水市長は、震災後の復興の進捗状況や今年5月に行われた太平洋・島サミットの様子など、元気ないわき市の近況について話しました。その後、来賓の祝辞、根本市議会議長の音頭で乾杯した後は、懐かしい顔に会い肩を叩き合う姿や、初対面で名刺を交換する姿など各界交流の夕べとなりました。

(乾杯を待つ参加者)
交流の夕べ 1

市が会場内に設置した、いわき市観光コーナー・ふるさと寄附金(ふるさと納税)コーナー・いわき平競輪PRコーナーなど各コナーでは担当者が情報提供に努力しています。特に、医師募集コーナーが置かれているのは、いわき市の医師不足の深刻さを物語っているようです。

(医師募集コーナーで説明する担当者)
交流の夕べ 2

今年の交流会の問題点は余興です。前々回あたりから登場したフラダンス、それに加えて今回はのど自慢で全国優勝した高校生の民謡、市公認ご当地アイドルのアイくるガールの「発表会」となりましたのでライブ会場化してしまいました。

(アイくるガール「発表会」さながらのステージ)
交流の夕べ 3

これでは、ゆっくり話をというわけには行きません。場所を変えてと会場を後にするグループの姿も見られました。元気のある若い人たちの活躍を見せようとしたのでしょうが一工夫必要です。「何でも有り」では焦点がぼけてしまいます。「あれもこれも」ではなく「これだけは」の視点に立つことも大切です。

(会津磐梯山を歌う のど自慢優勝者の高校生)
交流の夕べ 4

関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)