出羽三山神社参拝の旅

出羽神社(いわき市平中神谷・佐藤茂宮司)の総代会では、本家でもある山形県の出羽三山神社参拝の旅を実施しました。参加者は崇敬者26名です。
7月25日、貸し切りバスで磐越道・東北道さらに山形道を経由し一路山形に向かいました。最初の参拝地は湯殿山神社です。湯殿山神社本宮は梵字川の流れのほとりにあります。本宮では参拝に際しては素足になりお祓いを受けてからでないとお詣りは許されません。俗世とは切り離された神域の感があります。

(湯殿山の大鳥居前に勢揃い)
出羽三山の旅

次の参拝は羽黒山神社です。羽黒山は三山の神々を合祀するお山であると同時に「羽黒派古修験道」の道場として今に伝わっています。山頂の三山神社に正式参拝し汚れを祓いました。その後別室で、宮司の宮野さんから現代社会における信仰のあり方等について講義を頂きました。

(先達の話を聞く参加者)
出羽三山の旅 1

この日の宿泊は、羽黒山随神門近くの宿坊(宮田坊)です。夕食は修験道一日体験ということで精進料理です。しかし、お酒は飲み放題、持参した吟醸酒「神谷(かべや)など心行くまで頂きました。

(大杯に注がれる「神谷(かべや)」)
出羽三山の旅 神谷

(大杯を煽る佐藤宮司)
出羽三山の旅 2


7月26日は、出羽三山神社参拝のメインでもある月山神社本宮への参拝です。月山は標高1,984メートル、出羽三山の主峰として秀麗な姿で聳えているはずですが山頂は雲に覆われ麓からは見えません。それでも雲の中を強行軍すること約3時間どうにか山頂の月山神社に参拝することが出来ました。

(高山植物の群生地)
出羽三山の旅 3

登山は上りより下りが大変です。痛み出した膝をかばいながらの下山となりました。午後になり天気が回復して来ましたのでニッコウキスゲなど高山植物が目を楽しませ、疲れを忘れさせてくれます。雪渓にはスキーを楽しむ若者の姿があります。どうにか登山口までたどり着き、バスで天童の旅館に移動し温泉で疲れを癒した後、直会(なおらい)の地酒に酔いしれることとなりました。

(雪渓にはスキーを楽しむ若者)
出羽三山の旅 4

関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)