中神谷 立鉾鹿島神社の春の例大祭

ゴールデンウイーク最中の5月4日、いわき市平中神谷にある立鉾鹿島神社春の例大祭が行われました。風薫る晴天の中、鮮やかな新緑に覆われた立鉾神社の杜は氏子、崇敬者などで賑わいました。

例大祭は宮司の佐藤大和さんの祝詞奏上、玉ぐし奉典、稚児舞など一連の神事が行われました。特に今年は、崇敬者である柏原達之さんが「天壌無窮天孫降臨之図」の版木を奉納しましたので、佐藤宮司からこの版木にまつわる話がありました。

(柏原さんが奉納した版木)
天孫降臨版木

版木の制作年代は不詳ですが代々柏原家に伝わったもののようです。内容は「古事記」・「日本書紀」に記述されている「国生み」と「天孫降臨」の場面が画かれています。特に、天孫降臨の場面では、ニニギノミコトが背の高い・鼻が突出した・目がこうこうと輝く・サルタヒコの道案内により、高千穂の峰に降り立つ様子などが興味を引きます。

(神輿の宮出し)
神輿の宮だし

神事の後、氏子の住む地域を神輿の巡行が行われます。若者に担がれた神輿は本殿のまわりを三周した後、笛太鼓の伴奏よろしく元気に繰り出していきました。神社の周りの水田は田植えが始まりました。水の張られた水田に映る新緑、たなびく神社の大旗、神輿の巡幸、神のご加護による平和の様相です。

(好天に恵まれた例大祭)
神輿の巡行

この後、立鉾鹿島神社では5月17日(日)に「お田植え祭」を開催します。収穫された米は、神谷の地元で採れた米とともに、酒米として純米吟醸「神谷(かべや)が醸造されます。どなたでも参加できますので、「お田植え祭」で農作業体験をしてみてはいかがですか。

(サルタヒコの先導で神輿の巡行)
サルタヒコ
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)