いわき万本桜「春祭」

「いわき万本桜プロジェクト」では、4月27・28の両日再生の塔プロジェクト始動記念「春祭」を開催しました。この企画は蔡國強さんの発案によるもので、「再生」としたのは塔に関わる過去の経緯によるものです。

(賑わう回廊美術館)
賑わう回廊美術館

1994年、蔡さんは志賀忠重さんの支援を得て、いわきの海岸に埋もれていた廃船の竜骨で作品を制作した折、廃材を活用して「三丈の塔」を作りいわき市立美術館に展示したのでした。その後、この「三丈の塔」は東京都現代美術館をはじめ、世界各地の展覧会に出展されることになるのです。

(試作した「九十九の塔」の模型)
塔の模型

今回の企画は、この「三丈の塔」の復活です。蔡さんは「今度は山の上に塔を作りましょう。三丈の塔の代わりになる新しい塔です。」と語っています。使用する杉材の準備なども進んでいますので、今年秋には太平洋を臨む里山に「三丈の塔」に代わる「九十九の塔」(高さ約18㍍)の工事が始まる予定です。

(地元の高校生によるフラダンス)
フラダンス

「桜祭」の会場となった回廊美術館には屋台が立ち並んだほか、特設ステージでは各種団体による芸能発表、地元の平六小の児童による絵画展などが行われました。2日間好天に恵まれ、家族連れなど多くの来場者でにぎわいました。

(ツリーハウス前に出店した「ふるさとマルシェ」)
ふるさとマルシェも出店

合わせて、28日には「植樹会」も開催しましたので、参加者はそれぞれの思いを込め桜の苗木を植え付けていました。今まで植えられた苗木は約3000本、植樹地域も中神谷(なかかべや)地区から隣接する上神谷(かみかべや)地区に拡大し、賛同する山林所有者も増加しています。

(館山に設置された空中ブランコ)
空中ブランコ

関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)