伝統技法を継承する会津本郷 富三窯

会津美里町本郷にある富三窯を訪ねました。私の気に入っている窯元で幾つか購入しています。訪問したのは本格的な雪の降る日でしたので、お客さんは同行した「ふるさとマルシェ」の井出君と私だけです。よく話す、先代佐竹富三さん奥さんが息子の敦夫さんの作品を自慢げに説明します。「最近は父ちゃんと肩を並べる」と言うだけあって敦夫さんの作品も最近腕を上げた感があります。

(雪に覆われた富三窯の店舗)
富三窯の店舗

(店内の陳列品)
店内の陳列品

富三窯は御弓新田集落(新町)にある唯一の磁器の窯元であった佐竹富太郎の次男富三郎が明治5年に分家し富三窯を開窯しました。敦夫さんは5代目で、先代の富三さんは日本原産の椿花をモチーフにし、染付の技術技法とともに会津焼の伝統を現代に生かすデザインを創案したのでした。

(先代富三さんの遺作 後ろに富三さんの写真)
先代富三さんの遺作

私は30年以上前から富三窯を訪れていますので先代富三さんの作品も数点持っています。白磁に椿花をあしらった急須、湯呑みは静謐感があり使う人の心を和ませます。かの有田焼の酒井田柿右衛門も柿の渋で白磁に鮮やかな朱を出した逸話は有名な話ですが、富三窯でも椿の赤色を出す方法は色々と研究したようです。日本椿の本物の赤色に近づけるためには1300℃に窯の温度を上げなければならないと言う話です。

(愛用している先代富三作のカップ)
ビール用カップ

本郷焼の歴史は江戸時代前まで遡ります。領主であった蒲生氏郷が鶴ヶ城の屋根瓦を製造するため薩摩から瓦工を呼んだことが始まりと言われています。その後、17世紀の中頃に藩主の保科正之が瀬戸から陶工・水野源左衛門を呼んで本格的に陶器の生産をしたと書かれています。また、磁器の方は1800年ごろに有田や京都で製法を学んだ佐藤伊兵衛によって会津本郷焼きの原型が完成したと言われていますので200年以上の歴史を有することになります。

(今回求めた5代目作のお猪口)
愛用のお猪口

最近、私が手に入れたいと考えている本郷焼は「鰊(ニシン)鉢」です。会津地方では冬季の古くからの保存食として、ニシンを山椒などで合えて漬け込む郷土食があります。それを使ったニシンそばはそば通に人気があるようです。古くからニシンを漬け込む鉢(鰊鉢)は本郷焼きでした。昔は安く手に入る日常品だったのですが、最近は芸術品に昇格し床の間などに鎮座し花卉として使われています。富三焼の鰊鉢などは驚くような値がついています。ちょっと気になる逸品です。

(芸術品に昇格してしまった鰊鉢)
鰊鉢

関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)