イスラム教のお祭り クルバンバイラムの賑わい

トルコの旅も残り少なくなりました。11月6日はイスタンブールのアビディン宅の訪問し、イスラム教のお祭りの御呼ばれの約束です。昨日の4マラティアからの戻りが深夜でしたので午前中はホテルでゆっくり過ごしました。

午後、アビディンさんの車でイスタンブール郊外の自宅に向かいました。到着すると奥さんと大学生の娘さんが迎えてくれました。自宅からはイスタンブールのベットタウンになっている高級住宅街が見渡せます。西側には遠くにアルマラ海が望まれ大変環境の良い所です。

(イスタンブール郊外の高級住宅地)
高級住宅

ご馳走はちょっと肌寒い感じでしたが庭のテラスで頂きました。牛肉の炒め物がメインデッシ、滞在も長くなってきましたのでトルコ料理も口にあってきました。ただ、日本なら祭りに付き物の先ずはビールとなるところですが、敬虔なイスラム教徒宅では禁酒です。大学生の娘さんも加わりましたので、英語とトルコ語と日本語で楽しい一時を送りました。

11月7日、今日もイスラム教の祭のクルバンバイラムです。イスタンブールの街は地方から出てきた人達で賑わっています。私たちもトラムに乗りボスポラス海峡側に移動しタクスィム広場に出かけました。カバタシュの駅で下車、通りすがりの人に聞いた近道は急な上り坂で、汗を流すこと約20分やっとたどり着くと広場はかなりの人出です。日本人は祭りにはビールとばかり最寄りのレストランへ、汗をかいた後のエフェスは格別です。

(タクスィム広場)
タクスィム広場 1

タクスィムとは「分配所」と言う意味で、新市街地への水供給のための給水塔があったことに由来すると言うことです。広場からガラタサライに向かうイスティクラル通りは祭りのため大変な賑わいです。通りの中央を走るノスタルジック・トラムは満員でドアにぶらさがり乗っている始末です。

(イスティクラル通りを走るノスタルジック・トラム)
トラム 1

ショーウインドでケバブの切り落とし実演をしているトルコ料理の店には人だかりが出来ています。人の移動する方向に沿って小一時間歩くとガラタ塔のわきに出ました。ここは京都の三年坂に似た雰囲気で、新市街地では人気のスポットのようです。

(トルコの名物料理ケバブ)
ケバブ 1

ガラタ橋からトラムに乗りグランドバザール駅で下車、残念ながらアザールは祭りの3日間は休みです。祭りに託け大売出しでもすれば一儲け出来るのにと思うのですが、これも文化の違いでしょう。レストランでチャイを飲み一休み、夕やみ迫るころホテルに戻りました。
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)