究極のトルコの旅 4 (3泊4日でマラティアへ アビディン邸)

10月1日、東アナトリアのマラティアへ3泊4日の旅のスタートです。正確にはマラティア県ペティルゲ町にあるアビディンさんの生家の訪問です。しばらく実家に帰っていないアビディンさん、奥さん、ヴェダット君、それに日本人3人の日土親善の旅の始まりです。

(マラティア空港に到着)
マラティア空港
イスタンブール空港6時35分の国内線で一路マラティアへ、約1100Km、1時間30分の空の旅です。空港からマラティアの中心地までは小一時間かかります。車窓には畑作には向かない灌木が疎らに見える台地が続きます。そんな中で整然と樹木が植えられている個所が点在しています。聞けば杏子の木だそうです。マラティアは杏子、イチジク、クルミなどの果物が豊富で、ドライフルーツにして海外に輸出しています。

(マラティア市内に立つ杏子のモニュメント)
杏子の街

アビディンさんの故郷はマラティアの街から東南に約60Km隔てたアナトリアの台地にあります。迎えに来た親戚の方のフォードに乗り込み出発しました。国道を走っているうちは良かったのですが途中から砂利道となります。堅牢なフォードは唸りを上げて坂道を上ります。

(アナトリア高原に建つ5階建てのアビディンさんの家)
アビディン邸

午後1時30分アビディン家到着です。なんとアビディン家は5階建て、小高い山の中腹に毅然と立っています。アビディンさんの先祖は2~300年前からこの地方に住んでいたという話です。

(片道1時間の山登り 後ろにアビディン邸)
アナトリア高原

一休みした後、周りを散策。野生のブドウが食べごろでたわわに実を付けています。日本の野生ブドウと違って甘いのです。私ならワインを作るだろうと考えながら散策を楽しみました。日も西に傾き、快晴の空が茜色に染まり、アナトリアの台地は「静」に包まれ「音」は皆無です。しばらくして星座が広がりましたが、その道に浅学な私にとっても日本とはちょっと違うという気持ちで満点の星空を眺めました。

(アナトリアの大地に沈む夕日)
アナトリアの台地に沈む夕日

アビディン家の夕食が始まります。絨毯の上にクロスが引かれ、奥さんの手作り料理が並びます。メインディシュは「サチカヴルマ」と呼ばれる牛肉、玉ねぎ、ピーマン、トマト、ニンニクの炒め物です。それに、ピラフ、ヨーグルトなどが並びました。

(アナトリアの台地に立つ美酒「神谷」)
アナトリアの台地に立つ神谷

しかし、ビールはありません。敬虔なイスラム教徒には食事中にアルコールを飲む習慣はないのです。敬虔な仏教徒にとっては勝手が違います。そんなこともあろうと、私は美酒「神谷(かべや)」を持参したのです。トルコ料理を食べながら「神谷」を飲み、日土友好の宴は楽しい時間となりました。
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)