第1回「ドイツモーゼルワインを楽しむ夕べ」が開催されました

第1回「ドイツモーゼルワインを楽しむ夕べ」が6月30日いわきワシントンホテル椿山荘で開かれ、ワイン愛飲家約100名が出席ました。この会はドイツからモーゼルワインを輸入販売している株式会社三國屋(いわき市平 高野達也社長)ワイン事業部が主催するものです。

(和やかな日独友好の様子)
モーゼルワインの夕べ

会にはモーゼルワインを生産している、ザール・モーゼル・ヴィンツァーゼクト社のアドルフ シュミット社長、独日協会トリーアのヨハン アウバート会長ら4名が出席しました。来賓として公益財団法人日独協会副会長で元ドイツ大使の木村敬三さんらドイツに関りをもつ方々が出席しました。それにしても、いわき市にいわき日独協会の鎌田哲男会長はじめ親独家が多くいることには驚きました。

(挨拶するシュミット社長 通訳は小澤愛さん)
シュミット社長

セレモニーでは、主催者三國屋社長の高野達也さんが挨拶に立ち、モーゼルワインを輸入するに至った経緯やヴィンツァーゼクト社との関係について話しました。高野さんは昨年同社を訪問しワイナリーが主催するワイン祭りに出席しています。

(ドイツワインケナーの認定書を受ける高野達也社長)
高野社長

来賓シュミットさんは挨拶で、格式あるドイツワインの品質と味の良さを強調されたようです。通訳はドイツの民族衣装をまとった同社に勤務する日本人の小澤愛さんが行いました。

セレモニーの後はいよいよ食事ですが「ワインを楽しむ夕べ」ですのでいつものように「先ずはビール」というわけにはいきません。すべてワインです。料理に合わせて6種類のワインを楽しみました。
乾杯には、白のゼクト 2011年リースリング Sekt Brut
アミューズには、ロゼゼクト 2011年ピノ・ノワール Sekt Brut
前菜のドイツソーセージには 白ワイン 2011年リースリング カビネット
                             Feinherb
魚料理には、白ワイン 2011年リースリング S Trocken
肉料理には、赤ワイン 2011年ドルンフェルダー Trocken
デザートには、アイスワイン 2000年リースリング Eiswein  
といった具合です。私は赤ワインを中心に比較的飲んでいる方ですが、一度に6種類を頂くのは初めてです。残念ながら未熟な私の舌では堪能するまでには至らなかったようです。一番気に入ったのは乾杯に飲んだ白のゼクトでした。ゼクトはドイツワインではスパークリングを意味します。

(日独交流 シュミット社長 会田和子さん ブリギッテさん)
日独交流

その後歓談となり、私はシュミット社長に純米吟醸「神谷(かべや)」をプレゼントしました。聞けば、シュミットさんは新潟で日本酒を飲んだことがあり美味しいとのことでした。「神谷」の美味しさは新潟以上と宣伝しぜひ味わってほしいと伝えました。

(シュミット社長に「神谷」をプレゼントする筆者)
シュミット社長と筆者

「モーゼルワインを楽しむ夕べ」は、ワインを楽しむことに止まらず日独友好の一翼を担ったようです。ワインから友好そして交流へと発展すればこの上ないことでしょう。主催した高野さんには、日本ドイツワイン協会連合会から「ドイツワイン ケナー」の認定書が贈られました。

(三國屋で販売しているドイツモーゼルワイン)
モーゼルワイン


関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)