奥会のそば処「ふなき」

6月22日、所要で金山町を訪問した折、会津柳津町のそば処「ふなき」で久しぶりにざるそばを食べました。「ふなき」は私が10年前金山町に単身赴任をしていたころ懇意になった店です。

(そば処「ふなき」)
ふなき

そのころは現在の新築した店舗の東側に、少し手狭な店構えで営業していました。味には定評があり、そばの「ふなき」と言えばそば通には知られた店となっていました。偶然に入ったことが縁となり今でも親しく言葉を交わす間柄となっています。

(木の温もりを感じる「ふなき」の店内)
そばどころ

「ふなき」のそばは、高冷地の南会津・猿楽台地で収穫した玄そばを100%使用し、伝統的手打ちによりそば本来の素朴な味わいを生かしたものになっています。「ふなき」に通い始めたころに店主の舟木さんに勧められ「水そば」なるものを食べたことがあります。一切たれを使わずに水で食べるのですが、そば本来の味に触れ感動しました。

最近は舟木さんから伝授された息子が打つことが多くなっているようですが、こしのあるある伝統の味は守られています。3月に女優の竹下景子さんが来店し絶賛したと話していました。関東圏から伝統の味を求め来店する人も多いようです。

私はそばは「ざる」と決めているのですが、「ふなき」の天ざるもお薦めです。天ぷらは舟木さんの奥さんの担当で、季節の野菜を中心にしたアツアツの揚げたてがざるそばに添えられると伝統の味に相乗効果を及ぼします。これもまた逸品なのです。

(絶品「天ざる」)
天ざる

柳津町には、福満虚空蔵菩薩円蔵寺があります。約1200年に及ぶ歴史を誇る名刹で、会津では「柳津の虚空蔵さま」と呼ばれて親しまれています。「ふなき」は虚空蔵さまから約1キロメートル、柳津町役場の隣に位置しています。

(「ふなき」のパンフレット)
パンフレット

「ふなき」でそばを食べた後は、近くには斎藤清美術館、道の駅柳津、観光物産館清柳苑などもありますので結構楽しめるスポットです。
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)