いわきの大晦日

今年も残すところ数時間となってしまいました。皆様慌ただしくお過ごしのことと思います。

この一年「ふるさとマルシェ」をご愛顧いただきありがとうございました。また、「団長ブログ」をお読みいただき感謝申し上げます。今年は「いわき」からの情報の発信を中心に47回掲載しました。地域理解など何かお役に立てたでしょうか。

この一年いわき市は清水新市長が誕生するなど市民は変革を求めています。3.11震災以後、この地域は原発地区復興への最前基地となっているのです。原発避難地域の双相地区からいわき市に流入している人たちは約25,000人、市内各地に建設された仮設住宅や借り上げ住宅に住んでいます。故郷に戻れず異郷で年を越すことになる人も多いことでしょう。一日も早い完全帰宅を祈らずにはいられません。

(買い物客で賑わう鮮魚店)
鮮魚店

いわき市は、東北の湘南と言われるくらいですので雪はほとんど降りません。年の瀬も穏やかな日が続いています。市内のスーパーは正月の食料品を求める人たちで大混雑です。一見平穏な年の瀬のように見えますが、津波の被災地域の集団高台移転も緒に就いたところ、災害公営住宅の入居も早いところで来年3月からということですので、被災地の復興はこれからです。いろいろな不安や悩みを抱えながら年の瀬を迎えている人も多いことも事実です。

(穏やかな冬の海 遥かに塩屋崎灯台)
穏やかな太平洋

昨日の夕方、海辺の県立公園内を走る県道四倉・豊間線を通りました。太平洋は穏やかであの悪魔のような海とはとても思えません。落日もとてもきれいで夏井川の川面に映る日輪をカメラに収めました。くる年は良いことがありそうな兆しを感じ思わず手を合わせました。

(夏井川河口の落日)
夏井川日没
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)