スナックŌkuraでのサックスコンサート

10月5日、田町のスナックŌkuraで「秋宵のサックス・ナイト・ライブ」が行われました。演奏者はサキソフォーンがいわき市出身の青木知生君、キーボードが東庄町(千葉県)出身の越川真理さんです。どちらも1990年生まれの若いミユージシャンです。

(青木知生君と越川真理さん)
サックスコンサート1

特に青木君は磐城高校の吹奏楽部に所属し、東京普門館で行われる全国大会に出場し大編成の部で金賞に輝いた経歴の持ち主です。その後、尚美ミユージックカレッジ管弦打楽器学科JAZZPOPSコースを卒業しました。在学中より、吹奏楽、ビックバンド、ゴスペル、ブライダルなどジャンルを問わず活躍していました。
現在はラテンフュージョンバンド「Ri Ri Tribo」のメンバーとして演奏活動を行うほか、レッスン講師としても定評があります。

(熱演する青木君)
サックスコンサート2

一方、越川真理さんは5歳よりヤマハ音楽教室でエレクトーンを学びました。高校卒業後は尚美ミユージックカレッジに4年間通い、ビックバンドやラテンバンドにキーボード奏者として参加し活躍しています。

当日は、スナックŌkuraのあまり音楽には興味のなさそうな常連客とブラスバンド関係者で約30名、満席となりました。演奏曲はアルト、テノール、ソプラノの3本のサックスを使い分け「アメージング・グレイス」、「ムーンリバー」、「煙が目にしみる」等親しみのあるものを中心に12曲を演奏しましたので、お酒を飲みながらの鑑賞には最適だったようです。

(聴き入る常連客)
サックスコンサート4

私は青木君の卓越したサックスの演奏を磐城高校の時代から知っていましたので今回の企画に協力しました。青木君も越川さんもこれから真価が問われるアーティストですので支援したいと考えています。また、スナックŌkuraのママ勢津子さんも自らも油絵を描く芸術家で、音楽活動にも理解がありますので今後もこのような企画を続ける予定です。

ちなみに、いわき市は小学校から高等学校そして一般までブラスバンドのレベルの高い地域です。特に高等学校の部で今年は、磐城高校、湯本高校、平商業高校がそろって東北大会を勝ち抜き名古屋で行われる全国大会に出場することが決まっています。いわき市もこのような若者の活躍に支援し「吹奏楽の聞こえる街」として音楽都市宣言をしてはどうでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)