アドリア海に沿って 6 (クロアチアからボスニア・ヘルツェゴビナへ)

5月27日、もう1日くらい滞在したい気分ですが2泊したドヴロヴニクを後にボスニアの首都サラエボに向かいました。

来る時とは逆にアドリア海に沿って北上し、再び奇妙な国境を通過します。7月になるとクロアチアもEUに加盟するらしく、そうなると形式的入国手続きも無くなると言うことでした。例によってボスニア領内のスーパーマーケット大繁盛です。私もボスニアではクロアチア通貨ルピーは使えないというので有り金を敲きました。レジで精算すると、持っていたるピーでは不足だというので結局はユーロで追加支払いをする羽目になり、無駄な買い物をしてしまったようです。

(買い物客で賑わうボスニア領にあるホテルに付随したスーパー)
スーパー

クロアチア領をボスニアによって二分することになった歴史的背景はちょっと複雑ですので触れません。
好天に恵まれてアドリア海はどこまでも蒼く、まさに「地上の楽園」の様を呈しています。宮崎駿の「紅の豚」の舞台はアドリア海といわれています。確かに、飛行艇でも有ってこの海を飛び回ったら痛快なことこの上ないでしょう。

(「紅の豚」の舞台 アドリア海)
アドリア海A

バスはいつの間にかボスニア・ヘルツェゴビナに入り次の訪問都市モスタルに向かっています。ディナールアルプス山脈の切れ目を流れるネルトヴァ川に沿って上流へと進みます。モスタルに近づくと両岸のなだらかな河岸段丘は豊かな農地になっています。ところどころに荒れはてた放置された民家が目に入ります。ボスニア内戦の時に荒らされ放置されたままになっている家のようです。

モスタルはオスマントルコに支配された時代が長かったためトルコ文化が色濃く残っています。ドヴロヴニクのような地中海に面した明るい街とはかなり違った印象です。街には絨毯や目玉のアクセサリーなどのトルコ風雑貨を売る店が軒を並べています。ただお土産品の中に銃弾の薬きょうを加工したものが目につきます。内戦の時に使用されたものを拾い集めお土産品として販売しているのですから驚きです。

(トルコの雰囲気の市街地)
モスタル市街地

町の中心部にネルトヴァ川に架かるスタリ・モストという石造りのアーチ形の橋があります。この橋は内戦を象徴するような建造物で、当初のものは1993年にクロアチアの砲撃によって落とされてしまいました。現在のものは2004年にユネスコの支援を受けたトルコ企業によって再建されたものだそうです。再建されたものですが世界文化遺産になっているのは珍しいようです。

(ネルトヴァ川に架かるスタリ・モスト)
スタリ・モスト

文献によるとネルトヴァ川がムスリム人とクロアチア人の住み分け境界だったので、二つの地区を分断するため橋を落としたと書かれています。モスタルは内戦によって多くの犠牲者を出した街なのです。ほぼ単一民族の日本人にとっては民族紛争というのは理解に苦しむ史実です。


関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)