専称寺の梅林が見ごろを迎えました。

何時に無く寒かった今年の冬に終わりを告げたら、何時に無く暖かい春が急にやってきました。気温の変化に適応性の無い私は風を引いたりしていますが、草木も気まぐれな天候に戸惑っているのではないでしょうか。
私の家の近くにある、名刹専称寺の梅林もこのところの暖かさで一挙に見ごろを迎えています。

(解体修理中の専称寺)
専称寺1

専称寺は昨年10月のブログで紹介しましたように、東日本大震災により全壊し現在解体修理中です。参道入り口には「関係者以外立ち入り禁止」の看板が掛けられ伽藍内に入ることは出来ません。

(見ごろになった梅林)
専称寺3

入れないとなると入ってみたくなるのが人情です。日曜日、工事は休みだろうと思い「立ち入り禁止」の看板が掛けられたトラロープをまたいて侵入しました。参道を迂回して本堂にいたる山道は、工事用トラックを通すためかえって歩きやすくなっています。

参道を登りつめ境内をのぞくと、本堂には工事用の素屋根が掛けられ巨大なアルミの建物と化しています。中で解体工事が行われているようですが、外からは進捗状況は分かりません。
本堂前には急斜面を巧みに利用して建てられた鐘楼があります。この付近の梅花は五分咲き位でちょうど見ごろです。私は鐘楼を配して梅林越しに望む眺望が好みのアングルです。

(鐘楼越しの眺望)
専称寺2

専称寺の解体修理工事は5年くらい掛かると言うことですから、しばらくは「関係者以外立ち入り禁止」の状態が続くことになります。梅を目当てに訪れる方には大変申し訳ありません。専称寺檀家の一人としてお詫び申し上げます

(夏井川の対岸から望む専称寺)
専称寺6
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)