「神谷米」の「放射性物質検査済」シールに関るお詫び

「ふるさとマルシェ」では「神谷米」の販売を行うに当たって、セシウムなどの放射性物質の検査結果について、次のような方法で確認し表示しています。

(「神谷米」の生産地)
『神谷米」の生産地

○ 今年は福島県で生産される米の全袋検査が義務付けられています。勿論「神谷米」も全袋検査済みのものです。神谷米が生産されている地区からは検出されたものは1袋もありませんでした。

○ なお、昨年の県が行った検査でも同地区では検出された米はありませんでした。しかし「ふるさとマルシェ」ではより安全性を確保するため神谷地区の農事組合と連携して生産地区の圃場を一定間隔に10箇所、富士フィルムRIファーマ株式会社に依頼し検査しました。結果は全ての地点がNDでした。

○ 福島県が発行する「放射性物質検査済」シールの貼付について。
このシールは検査に合格した30㌔入りの全ての袋に貼付されます。しかし、30㌔袋から小分けにして10㌔、20㌔袋で販売する場合には貼付するシールは、等級検査を受けていないと交付されません。現状では生産農家単位での等級検査は実施していません。30㌔以下の小袋にシールが貼付されているのは、米小売店が自主的に等級検査を行ったものに限られます。

(30㌔入り袋に貼付される「放射性物質検査済」シール)
検査シール

○ 「ふるさとマルシェ」では30㌔以下の小袋については、JAの指導によりQRコードの認識番号(生産者番号)をJAより発行してもらい貼付しています。これにより、購入された方が疑義を感じた場合には、認識番号から調べれば検査にパスしたものであるかどうかは分かるようになっています。

このようにして安全・安心な商品であることを信頼してもらう方策を講じていました。ところが、先日30㌔以下の小袋で購入された方が、木村健一さんが生産した米をQRコードの認識番号で検索してみると「未検査」の表示が出てしまったのです。

不思議に思った購入者は、「ふるさとマルシェ」に事情の説明を求めてきました。当然のことです。原因を追究してみると、JAで発行した認識番号の間違いであることが判明しました。ご指摘をいただいた方には、上記のような「ふるさとマルシェ」の安全確認の方法を説明しご理解をいただきました。

今回の「神谷米」の販売に当たっては、福島県環境保全農業課ならびにJAの指導の下に行ったものです。しかし、結果的に消費者の皆様に大変迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。食品を扱うサイトとして、もう一歩の詰めが甘かったと反省しております。

「ふるさとマルシェ」は安全・安心を最優先に考え、特に放射性物質に汚染された恐れのある商品は取り扱っておりません。「神谷米」の表示方法については、県・JAと協議し最善の方策を講じる考えです。
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)