「神谷米」の収穫が終わりました

いわき市も秋晴れの気持ちのよい季節となっています。「神谷米」の収穫も順調に進み田圃での刈り取りは終了しました。「ふるさとマルシェ」に提供していただいている志賀重之さん、木村健一さんも脱穀乾燥も終了、精米すればいつでも出荷できる状態になっています。

今年はセシウムの全袋検査が行われました。昨年神谷地区は、福島県により行われた検査の他に「ふるさとマルシェ」も協力して自主検査を行い、全てNDでしたので耕作者も心配はしていなかったようです。勿論、全地区で検出されたものは一袋もありませんでしたので「ふるさとマルシェ」でも安心して販売することができます。

(「神谷米」の生産地)
『神谷米」の生産地

木村健一さんの田圃での収穫の様子を取材しました。木村さんは60アール程度の耕作ですから小規模です。しかし彼はこだわりの有機農法で耕作しています。特に土作りには大変な労力を使っています。圃場の近くに堆肥置き場を設置し、適度に発酵させた堆肥を施し土壌検査をして水稲耕作に最適な状態を確保することに力を入れています。当然化学肥料や農薬は使用しません。

(木村さん一家総出の収穫)
木村さん一家総出の収穫


水の管理も工夫しています。神谷地区は江戸時代以来の「小川江筋」(9月のブログに掲載)の石灰質の含んだ用水を使用しています。彼はこの用水を圃場入れる時間帯を夜間にして、水田の温度の差を昼夜で大きくするようにしているのです。昼夜の水温の差が5度以上になると米の甘味が増すと言われています。これも食味検査で実証しています。今年は圃場の近くに井戸を掘りました。この井戸水を利用して昼夜の水温の差を大きくすることと、圃場の水量の安定化を図っています。

木村さんの耕作方法は江戸時代からこの地区で行われた伝統農法、いわばヘリテージ(遺産)の活用だと思います。夏井川の水源は阿武隈の石灰質土壌の産地に端を発します。それを江戸時代の前期に小川町の関場に堰を作り灌漑用水として広い範囲で利用しているのです。まさにこの地区の先人の残したヘリテージです。

木村さんが有機農法で生産した「神谷米」を300kg限定で「ふるさとマルシェ」で取り扱うことにしました。木村さんの手塩にかけた自信作「神谷米」をご賞味ください。

関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)