フランスバス紀行(3)

リヨンからマルセイユへ

フランスは祝日と土・日の重なった3連休の最終日で、観光地は混雑が予想されます。
朝のリヨンの気温は20度位と思いますが冷たい北風が吹いています。この風をミストラルと呼びアルプスからローヌ河谷に沿って吹き降ろす季節風のようです。

そんな中、バスはアヴィニヨンに向かいました。
所要時間は3時間弱、230kmほどです。アヴィニヨンと言えば歴史的には「アヴィニヨン捕囚」が有名です。
14世紀ローマ教皇の座がローマからアヴィニヨンに移され、その後教会の大分裂につながることは世界史に興味をもたれている方はご存知のことでしょう。教皇庁宮殿など石灰岩で建てられた建築物からは当時の威厳が感じられ圧倒されますが、フランス革命期の破壊略奪によって最盛期の様子を伝える調度品などが散逸してしまったことは残念です。

     フランス-04
            (古代ローマ時代の水道橋)

午後も史跡巡りの修学旅行のような行程です。
ルムーランのポン・デュ・ガールはローヌ川の支流ガルドン川に架かる古代ローマ時代に建築された水道橋です。当時の土木建築技術には驚嘆するばかりですが、紀元前の建築物が完全な姿で今に残るのは地震のない地域であることも大きな要因でしょう。

次の訪問地はローマ都市アルルです。
ここまで南下すると気温も大分上がってきましたが、依然としてミストラルは強く吹いています。
アルルは円形闘技場など古代ローマの文化が色濃く残る町ですが、映画「アルルの女」でも知られ、またゴッホが活動の場としたことでも有名です。
アルルの市街地の一角にゴッホの「夜のカフェテラス」のモデルとなったカフェテラスが賑わいを見せています。郊外にある「跳ね橋」のある風景は取り立てて風光明媚な処でもありませんが、ゴッホのアングルよって観光地になったのではないでしょうか。次々と日本人観光客が訪れ跳ね橋をカメラに収めています。まさにゴッホ様々と言った感があります。

バスは宿泊地のマルセイユに向かいました。
車窓には野生の馬が草を食む原野の風景が広がり大陸を感じさせます。
マルセイユの市街地に入る頃から渋滞に巻き込まれました。3連休の最終日にあたり帰宅の車と地元のサッカーチームが優勝しパレードが行われているための交通規制によるとのことです。バスは遅々として進みません。
予約していた港の近くのレストランに着いたのは10時近く、遅くなったから厨房の火を落としたと言う店主を何とか説得して遅い夕食にやっとありつけました。白身の魚のムニエルとボルドーワインは美味でしたが、店主とウエーターの不機嫌さには閉口しました。

関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)