いわき市平の復興七夕

いわき市平の夏の風物詩七夕祭りは、8月6日に開幕し8日まで会場となる平の中心市街地で開催されました。私も久しぶりに平の一丁目から3丁目までを歩いてみました。沿道には工夫を凝らした多彩な飾り付けが行われ、歩行者天国となった通りを華やかに演出しています。七夕の飾り付けコンクールも2年ぶりに復活し夏祭りにふさわしい賑わいを見せていました。

(猛暑の中風に揺れる七夕飾り)
平の七夕

今年は「復興と交流」をテーマに、いわき鼓童会演舞やストリートライブ、七夕浴衣祭りなどの各種イベントも例年になく多かったようです。また、昔ながらの露店も軒を連ね、食べ歩きや金魚すくいに興じる子供たちの姿は平和そのものです。しかし、笹飾りの短冊に目をやると「みんなで一緒に暮らせますように」とか「原発はいらない」とか震災や原発事故の爪痕が感じられます。

(短冊に書かれた願いごと)
七夕短冊

(昔ながらの金魚すくい)
金魚すくい

現在いわき市の各地には仮設住宅が設置され、市内に流入している人たちは二万人を超えたと言われています。そんなことも手伝ってか、市内の各地で行われるイベントが賑わいを見せています。

平の七夕祭りは大正年間仙台に本店のあった銀行が平の支店前に飾り付けをしたことが始まりだと言われていますで、90年以上続く伝統行事となっています。
笹竹に大きなくす玉を付けその下に紙の吹き流しを下げる飾り付けは昔ながらです。

私が子供の頃、夏休みの宿題を済ませることを約束し、今は亡き父親の自転車に乗せられて七夕を見に行ったことは懐かしい思い出です。地域の風物詩が平和な世相の中で行われ、子供たちの心が和むものであってほしいものです。
関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)