トルコ紀行6 (カッパドキア)

カッパドキア洞窟ホテルの宿泊はまさに現実からの逃避でした。それにしても、ホテル内の装備は至れり尽くせりです。大きなバスタブにはジャグジーが付き、別にシャワールーム、トイレは勿論ウォッシュレット、それらを洞窟のくりぬきを利用して設置しているのですから、ヘリテージ(遺産)の有効な活用と言えるでしょう。

今日(5月23日)は今回のツアーのメインでもあるカッパドキア観光です。まずはトルコの伝統工芸である絨毯の生産工場を訪問しました。織子さんが細い糸を巧みに操り絨毯を織っていますが、これで一畳織るのにどのくらいの日数がかかるのか気の遠くなるような作業です。ダブルノット方式(二重結び)というのはトルコだけの製法だそうです。作業の大変さを理解して頂いたら、販売コーナーにご案内となります。あれだけ手間暇がかかるのならこの位の価格は仕方がないか・・・。私も少し無理して小さな「ヘレケ」を一枚買ってしまいました。

(ヘレケの絨毯)
ヘレケ絨毯

続いて向かったのがカイマクル地下都市です。キリスト教徒がアラブ人からの迫害を逃れるために作ったと言われています。地下8階まであるそうですが、5階まで下りてみました。ガイドさんから離れると地上に戻れないのではないかと思うほど狭い地下道がアリの巣のように張り巡らされています。このような地下都市が30数か所確認されていて、それらが全部つながっているというのですから驚きです。

「BIZIMEV」というレストランでの昼食をはさみ、景勝地やカッパドキア奇岩群、洞窟教会(ギョレメ野外博物館)などを散策しました。自然には芸術の心得があるのではないかと思われるような傑作、パシカバー(多数のキノコ岩)、デヴィレント(ラクダ岩)、ユルギュップ(三姉妹の岩)など、よくぞ作ってくれましたと思わずにはいられませんでした。

(ラクダ岩)
ラクダ岩

そして、仕上げの景色はローズバレーの夕日です。かつてギリシャでスニオン岬の夕日を見損なったことがありましたので期待していたのですが、残念ながら薄曇りで最高の条件とまではいきませんでした。それでも暮れなずむローズバレーの雄大な景色を眺めながらトルコワインの杯を重ねますと、李白の漢詩「陶然として萬累を忘る」の心境となりました。

(ローズバレーの夕日)
ローズバレーの夕日


関連記事
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)