FC2ブログ

吟醸酒 七代目「神谷(かべや)」試飲会

美酒吟醸「神谷(かべや)」は12月12日に七代目の発売開始となった。早いもので7年目を迎えた。これも地元神谷をはじめとした酒好きの皆様の一杯復両杯のお蔭と感謝する次第である。

(7年目を迎えた吟醸酒「神谷(かべや)」)
7代目1

恒例となっている新酒発売を期しての試飲会を開催した。参加者22名は乾杯から閉会までのほぼ2時間半ひたすら「神谷」を飲み続けた。「先ずはビール」なしでの日本酒だけの酒宴はそうはない。飲むほどに日本酒談義に花が咲く。

(ふるさとマルシェ支配人会田さん)
7代目5

渡辺酒造本店の社長兼杜氏の渡辺さんへも忌憚のない意見が出る。出席者の多くは高齢者、昔懐かしい二級酒の味に回顧する声も出る。「神谷」はすっきりとした辛口でキレの良いワインタッチの飲み口である。これに対する賛否両論が出て面白い試飲会となった。

(女性にも人気の「神谷」)
7代目2

私の酒論では日本酒の求める味には二つあると思っている。一つは、つまみなどはどうでもよい、酒の味のみで楽しむタイプである。もう一つは、酒は料理を美味しく食べるための脇役に徹するべきというタイプである。

(日本酒談義に花が咲く)
7代目4

(飲むほどに酔うほどに)
7代目3

私は後者を支持する日本酒党だが、これは論議しても交わらない。結局のところは、自分の求める酒の味を選ぶしかない。杜氏は自分が求める酒の味にある種の哲学を持って挑んでいるのである。酒飲みは、どの酒が求める味なのかを選ぶところに面白みがあるのではないだろうか。
スポンサーサイト




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

厳選フランスワインとフレンチの夕べ

ワインサークル「キャンティ」のワイン会が、12月20日フランスレストランルミエールで行われた。今回のワイン会は台風19号の影響などでの延期があり暫くぶりでの開催となった。

(乾杯前のフランスワインの勉強会 講師は大河原ソムリエ)
ワイン1

今回のワイン国巡りは原点に返りフランスである。「厳選フランスワインとフレンチの夕べ」と名を売ったちょっと豪華なワインと、ルミエールシェフの自慢のフランス料理とのマリアージュとなった。

(見事な前菜)
ワイン3

(ワインとのマリアージュは完璧)
ワイン2

(メインディッシュ)
ワイン6

白と赤共に選りすぐりが揃った。乾杯はシャンパン、シャガールブリュット・モザイク白である。洋梨を思わせるフルーティーなブーケが特色。キリット締まった飲み口が食欲をそそる。ワイン会のスタートに相応しい。

(ドメーヌ・ド・ラ・ヴージュレーニュイ・サン・ジュ 1級 クロ・ド・トレ ピノノワール100%)
ワイン5

トライした6種類の中で最も気に入ったのはブルゴーニュの赤、ちょっと覚えにくい名称のニュイ・サン・ジュルジュだ。由緒正しい1級格付けの畑で産したピノノワールはバランスの良いストラクチャーで確かに美味い。メルローとカベルネに傾倒していたことに反省である。

(今回トライしたフランスワイン)
ワイン4

会場となったルミエールは「キャンティ」ワイン会で度々お世話になっている。ベルギー大使館で調理をしていた経歴を持つシェフの蛯名さんの腕は確かである。ワインに合わせた料理が運ばれる。ワインの知識も豊富である。フランスワインにフランス料理、今年の締めくくりのワイン会となった。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

藤本三四郎 クリスマスコンサート

三四郎クリスマスコンサートが12月14日いわきアリオス音楽小ホールで開催された。昼の部・夜の部の二部構成で行われ、どちらも超満員と言いたいところだが空席の多い結果となってしまった。原因は準備不足と10月にいわき地区を襲った台風の影響と考えられる。

(円熟味を感じる三四郎の演奏)
クリスマス1

それでも、いわき市長の清水さん夫妻と作家の川内有緒さんが駆け付けたので演奏者の意気も上がったようである。特に川内さんは草野心平記念館での講演会での講師を務めた後の直行であった。川内さんと三四郎は「いわき万本桜プロジェクト」を通して知り合った仲である。

(愛娘 星羅さんとの共演)
クリスマス2

若いと思っていた藤本三四郎さんも今年還暦を迎えたと言う。還暦記念CDも制作している。サックスの演奏にも円熟味が増し、聴く人の心に染み入るような音色でうっとりとしてしまう。

(声量豊かないわき出身のYukariさん)
クリスマス3

(クリスマスコンサートフルメンバー)
クリスマス5

今回のコンサートには愛娘の星羅さん、ピアニストの神村晃司さん、ゲストシンガーとしていわき出身のYukariさんも出演した。モデルもしている星羅さんはギターの弾き語りを得意としている。父親のサックスとの共演は流石にお互いに忖度し合った微笑ましい演奏であった。

(演奏終了後の記念撮影)
クリスマス4

シンガーYukariさんはリードボーカリストとしてフランスで活躍している。祖母の民謡に影響されたと言うだけあって演歌を歌わせても良さそうな声質だ。ピアノの神村さんの演奏は何度か聴いているがなんでも熟せるピアニストだ。特に、テンポの速いジャズ系が得意そうである。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

吉野せい賞表彰式と川内有緒氏講演会

12月14日(土)、第42回吉野せい賞表彰式・第43回吉野せい賞募集ポスター表彰式並びに記念講演会が、いわき市立草野心平記念文学館で行われた。本来11月9日に行われるはずであったが、台風の影響によって延期されていた。

(草野心平記念館から 阿武隈山地の眺望)
川内2

今回は、大賞に当たる「吉野せい賞」は無かったものの、奨励賞が3名、青少年特別賞が1名受賞した。選考委員の吉田隆治さんの話によると、大賞の該当者はなかったがレベルの高い作品が多かったと言うことだ。特に、青少年特別賞の山田萌乃さんの「梅雨空」は、中学生としては文章力が際立っており奨励賞に値すると語っていた。

(奨励賞と青少年特別賞の受賞者)
川内3

記念講演会の講師は「空をゆく巨人」で第16回開高健ノンフィクション賞を受賞した川内有緒さんが行った。巨人とは、「いわき万本桜プロジェクト」を運営している志賀忠重さんとそれを支援している蔡國強さんのことである。

(ポスター入選作品)
川内4

川内さんは国連職員を辞めパリで執筆活動を始めた。そして、二人の巨人に出会い三者の歯車がかみ合い「空をゆく巨人」の執筆が始まるのである。これは開高健ノンフィクション賞への応募を前提にしたもので、いわき市での志賀さんの取材、ニュウーヨークまで足を延ばしての蔡さんの取材をおこなったのだ。

(著書へのサインに応じる川内さん)
川内1

いわば、数奇な人生を歩んでいる二人との出会いは、彼女の執筆の意欲を高揚させたようだ。そして見事に受賞となのである。彼女の国連職員を辞めてのパリでのフリーライターとしての生活、そして帰国してからの執筆活動などの話の内容は、人生の岐路に立ち向かう姿勢への示唆に富むものであった。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

シニアが頑張る「ふるさとマルシェ杯」ゴルフコンペ

年に2回行われている「ふるさとマルシェ杯」ゴルフコンペは、12月9日小名浜オーシャンカントリークラブで開催された。参加者は43名、全員無事18ホールをプレーしホールアウトした。

(冬晴のゴルフコース)
ゴルフ1

ことさらに、たかがゴルフコンペで「全員無事」と強調するのも妙な話だが、ゴルファーも高齢化が進んでいる。当コンペも回を重ねるほどに、レギュラーティー利用者は減少し、反面レッドティー利用者が増加している。このレッドティープレーヤーが驚くほど元気なのである。

(1組目のメンバー)
ゴルフ2

勿論、レッドティー利用者は80歳以上のプレーヤーである。この方々の多くは
若いころからのゴルフ愛好家であることから、ドライバーの飛距離もさほど衰えてはいない。結局はエージシュート者の続出となり、4名のシニアプレーヤーがエージシュート賞を獲得した。

(シニアが元気に活躍)
ゴルフ3

ところで優勝は、毎回賞品の協賛を頂いているサザンコーヒー社の秋山博信さんだった。ちなみに秋山さんはレギュラーティー利用で、グロス81、ハンデキャップ10.6、ネット70.2の見事なスコアであった。

(優勝の秋山さんの代理宇留野さん)
ゴルフ4

(サザンコーヒー社提供の賞品)
ゴルフ5

今回のゴルフコンペにも、サザンコーヒー社さま、いわきチョコレートさま、トヨタ自動車販売いわき店さま、小名浜カントリークラブさまなどから多大な協賛を頂き豪華賞品をそろえることが出来た。感謝に堪えない。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!