FC2ブログ

ポーランド紀行 世界文化遺産の木造教会

木造建築の文化遺産と言えば日本の専売特許のように思えるが、石文化のポーランドにも世界文化遺産となっている木造建築の教会があることに驚いた。それは、ヤボルとフィドニツァの平和教会である。建てられたのは17世紀の中ごろ、日本でいえば江戸時代の初期にあたる。

(え? これ世界文化遺産と思えるような木造の山小屋風教会)
木造教会1

訪ねたのはヤボルの平和教会である。黄葉の石畳みを歩むと木造の教会が見えてきたが、さほど感動はしない。規模の大きな山小屋とも見えそうな佇まいであり、これが世界文化遺産なのかとも思える外観である。

(中に入ると唖然 主祭壇の上に設えられた巨大なパイプオルガン)
木造教会2

しかし、中に入ると外観からは想像できない荘厳さが迎えてくれるのである。この外観と内観のアンバランスさは何事だ。突如、竜宮城に入り込んだような気分である。バロック様式で煌びやかな内装が訪れる者の目を奪う。

(見事なバロック様式の内装)
木造教会3

ヨーロッパの殆どの地域を巻き込んだ「三十年戦争」の後、オーストリアの皇帝がこの地方に住むプロテスタントのために特例として教会の建築を許可したのだそうだ。そのため教会のシンボルとなるような尖塔や荘厳な石造りの外装は許可されなかったようだ。

(絶えず修復作業が行われている)
木造教会4

教会に入ると中央の主祭壇の上部に置かれたパイプオルガンが際立つ。信徒席に座って約15分間演奏を聴いた。宗教音楽には疎い私ではあるが、見事なバロック様式の中で聴くパイプオルガンの荘厳な響きは、天上界への誘いのようにも思えてくる。精神的な中世に浸ることのできた教会の訪問であった。

(教会に至る小径)
木造教会5

スポンサーサイト




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

ポーランド紀行 「こびと」の街 ヴロツワフ

ヴロツワフはポーランド第4の都市でワルシャワよりは南に位置する。心なしか少し暖かい。この街は千年以上の歴史を持ち、時代によってさまざまな国の領地になったため独特の景観を持っている。

(街のそこここに置かれている「こびと」)
小人の街

小人の街5

天候は曇り、雨上がりで石畳みの路地は濡れている。ポーランド滞在も4日目となり石畳の歩き方にも慣れてはきたが、濡れた石畳となると少し不安な足取りになってしまう。ポーランドの旅には硬い石畳のクッションとなる厚底のスニカーがお勧め、ヒールの靴はご法度である。

(濡れた石畳の歩行に注意)
小人の街1

ヴロツワフのメインストリートであるシフィドニツカを通ると可愛らしい「こびと」に出会う。実は、ヴロツワフは「こびと」の街と言われている。学生運動のシンボルだった妖精像が起こりだそうだが、現在街中に200体以上あり、企業がスポンサーになって造られ、年に30体ずつ増えているということだ。

(13世紀半ばに造られた旧市場広場)
小人の街2

ポーランドの古都の多くは市場広場を設置し、広場を見張るように市庁舎が置かれている。交易の中心となっていた市場広場は都市の繁栄のシンボル的存在だったのだろう。

(ヴロツワフ大学前の通り)
小人の街3

(ノーベル賞受賞者を9名出しているという名門ヴロツワフ大学)
小人の街4

広場に面したカフェでコーヒーを飲みながら、広々したヴロツワフ市場広場を
眺める。中世にはこの広場を舞台に、異なる人種の商人が活発な商いをしていたことに思いを馳せる。ひょっとしたら、この石造りの街並みはその当時とほとんど変わらぬ光景ではないのかと思えてくる。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

神谷(かべや)エゴマクラブ「研修旅行」

今年の神谷エゴマクラブの活動は、生産したエゴマの種を搾油する奥会津金山町へ持参する「研修旅行」で締めくくった。会員の多くは奥会津を走るJR只見線に乗車したことがないと言うので只見線体験ツアーとなった。

(只見線車窓からの眺め)
エゴマ研修旅行6

生産高のほぼ半分の45キログラムを参加者が分担して運ぼうというのである。いわき駅から会津若松までは急行バス、会津若松から会津金山町までは待望の只見線を利用することとなる。参加者12名は1人約4キログラム入りのコメ袋に入れたエゴマを抱え只見線に乗り込んだ。

(ツアー客でほぼ舞員の車中)
エゴマ研修旅行5

只見線は柳津町を過ぎると、列車は只見川を縫うように走る。紅葉の盛りは過ぎたが、車窓からの眺めは十分に楽しめる。車内では会津若松で買い込んだ会津の銘酒を片手に駅弁を食べる。一杯復両盃と酔いが回る。参加者は揃ってお酒好きときている。

(ほろ酔い気分で無事会津川口駅到着)
エゴマ研修旅行2

赤字路線の只見線の乗車率アップに協力してやろうとの気分であったが、車窓景観の見事な区間は千葉県からのツアー客が乗り込み、ほぼ満席となってしまった。川口駅に着くと中国語を話す客にも出会う。将来有望な奥会津只見線である。

(エゴマの搾油所を見学)
エゴマ研修旅行3

(秘湯恵比寿屋の湯)
エゴマ研修旅行4

宿泊は玉梨温泉秘湯の宿恵比寿屋、周辺にある町営浴場まで出向いて存分に秘湯に浸かった。宴会は恵比寿屋の大広間、列車内の予行練習で勢いがついたようで一段と酒量アップである。酔うほどにエゴマ談議に花が咲く。

(幻のツムジクラ滝)
エゴマ研修旅行1

翌日は恵比寿屋のバスで奥会津の紅葉を楽しみながら帰路に就く。昭和村を経由し博士山を経由し幻のツムジクラ滝を眺め、閉めはそば処「ふなき」で新そばを堪能し、研修旅行はお開きとなった。来年も楽しい企画をしようと言うことになっている。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

夏井川 治水の課題

夏井川は、福島県南東部の阿武隈山地を流れ下り太平洋に注ぐ二級河川である。昔から、この川の流域は肥沃な土壌に恵まれた農業地域であった。しかし、高度経済成長期以降広い地域が市街化区域の指定を受け、無計画な宅地造成が進められた。

(10月13日朝 左側鎌田地区には越水した)
洪水1

(1週間後 平時に戻った夏井川)
洪水2

今回の台風19号による豪雨と一週間後の集中豪雨で洪水に見舞われたのは、夏井川の氾濫源であった地域である。この機会に夏井川流域を見聞してみると、宅地造成の仕方にも問題はあったが、夏井川の管理にも大きな課題があることが見えてくる。

(河口閉塞 上流からの水は太平洋に流れ込まず、夏井川に流れ込む横川を逆流させる)
洪水3

河口付近から見てみると、河口閉塞の問題がある。波に運ばれた砂が河口付近に堆積し川の出口を塞いでしまうのである。増水すると行き場のない大量の水が堤防を越水し決壊につながるものと考えられる。河口閉塞の問題解決については、地区の代表が毎年国土交通省に陳情している。河口堰が建設される計画だと聞いているが早急な対応が必要である。

(神谷地区 左側の雑木は堆積した土砂の上に繁茂している)
洪水4

治水は堤防と河川敷地内の整備が基本であろう。特に中流域の河川敷地内に堆積する土砂とそこに繁茂する雑木は早急に撤去すべきである。平時の夏井川中流域は繁茂する雑木の中を流れる小川のような状況に見えてしまう。しかし、増水すると状況は一変する。土砂によって形成された中洲や繁茂する雑木が堰の役割をして、行き場のない大量の水が堤防を越え決壊につながるのである。

(平橋から上流の様子 繁茂する竹林の中を流れる小川のような夏井川 左から好間川が合流する)
洪水6

(越水した堤防の外側 越水した水により浸食され決壊につながる)
洪水7

平窪・赤井地区の洪水は単に降雨による増水だけの要因ではなく、河川管理に問題があることは明らかである。行政は市街化区域を線引きして住宅地としての土地利用を認めているからには、安心して住居を構えられるような条件整備をすることは当然である。

(平窪地区 決壊した堤防)
洪水8

神谷地区には「夏井川愛護会」という組織がある。区では県からの補助金をもらい、区民の力でできる範囲で堤防の草刈りや流木の除去などを行っている。この機会に、「二級河川は県の管理」と押し付けるだけでなく市・県・国はどのように連携すればよいのか、住民は治水にどう関わればよいのかを改めて考えてみるべきではないか。

(小川地区 橋げたに引っ掛った流木が堰となり越水、堤防脇の民家は2メートル位浸水した)
洪水9


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!