目黒の老舗鰻店

うなぎ蒲焼き専門店「八ツ目やにしむら」は目黒不動尊参道商店街にある老舗鰻店です。近くに住む息子夫婦が是非にと言うので参上しました。土曜日でもあったので大変な混みようです。先に行って息子の妻が番号札を取り店頭で待っていました。

(鰻の老舗 にしむら)
うなぎ1

JR目黒駅からタクシーで初乗り料金の範囲の住宅街にあります。備長炭で焼く鰻の香りが四方に広がりますので近くに住む人はおかず無しでご飯が食べられそうです。地元の方はお持ち帰りも多いということです。

(うな重定食上 3,200円)
うなぎ3

うな重定食上は大串が乗り、お新香・肝吸いが付いて3200円、うなぎの値段が高騰する中にあっては良心的な価格だと思いました。ふっくらとした食感、何とも言えないバランスの取れた味、さすが伝統の江戸の食です。

(鰻の香りは最高の宣伝効果)
うなぎ4

にしむらは、大正年間に巣鴨のとげぬき地蔵の近くで川魚料理店を創業したのが始まりだそうです。「うなぎ」は千住の川魚問屋「松本」から国産の最高級品を直接仕入れているということですので、まさに本物です。




スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

中欧4カ国紀行 9 ブタペスト

中欧の旅も終わりに近づきました。ウイーンからバスで国境を越えスロバキアの首都ブラチスラバへ。聖マルティン大聖堂、ブラチスラバ城をそそくさと散策し最後の訪問地ハンガリーに向かいました。

(ドナウ川の河岸に建つブラチスラバ城)
ブタペスト1

ハンガリーの首都ブダペストは、1つの市でドナウ川の両岸を占めるようになったのは1873年のことで、西岸のブタとオーブタ、東岸のペストが合併したからだそうです。日本人にとっては面白い地名です。

(中世の城跡に建つ漁夫の砦)
ブタペスト2

ブタペストと言えば、いわきが生んだ国際的指揮者小林研一郎さんです。小林さんは1974年、ブタペスト国際指揮者コンクールで第1位となりました。現地の方に「小林研一郎さんを知っていますか」と聞いてみると、帰ってきた言葉は「知っていますよ、コバ研さんはブタペストでは有名ですよ、私も大好きです」でした。同郷の一人として誇りに思いました。

(漁夫の砦からの眺望 対岸のペスト地区)
ブタペスト3

ブタペストは思ったより整然とした石文化の街です。中世の城跡に建つ漁夫の砦からは、ドナウ川とペスト地区を眺望できる場所です。バルコニーでは結婚披露宴が行われています。新郎新婦も招待者も思い出に残る結婚式になることでしょう。

(ドナウ川ナイトクルーズ)
ブタペスト4

中欧最後の夜はドナウ川クルーズを楽しみました。両岸の夜景は宝石箱をひっくり返したように煌びやかな輝きを放っています。ライトアップされた国会議事堂・ブタ宮殿・くさり橋など幻想的でロマンチックな雰囲気を醸し出しています。思い出に残る中欧の旅のフィナーレとなりました。


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

第13回 「ふるさとマルシェ杯」ゴルフコンペ開催

第13回「ふるさとマルシェ杯」ゴルフコンペが、12月5日(火)小名浜オーシャンカントリークラブで開催されました。当日は、午前中は小春日和、午後になって雨がちらつきましたが支障のない程度で、参加者は楽しくプレーできたようです。

(風光明媚なゴルフコース)
オーシャン1

参加者は31名でIN、OUTからそれぞれ4組のスタートです。常連者も多くなってきていますので、和気あいあいとしたコンペとなりました。

(意気揚々とスタート)
オーシャン2

優勝はグロス87、ハンデキャップ16.8、ネット70.2で回った初参加の斎藤賢一さんでした。ベストグロスは勝沼富士夫さんで、3回連続の快挙です。ちなみに前回と前々回は78、今回は81とエージシュートには1点足りなかったものの見事な結果です。

(ベストグロス 3回連続の勝沼さん)
オーシャン3

優勝の斎藤さんなどの上位者と飛び賞に当たった方には「ふるさとマルシェ」の選りすぐりの商品が贈られました。また、今回は会津田島の国権酒造の干支ボトルが参加賞として全員に配られました。

(当月賞12位は 吟醸酒神谷 参加賞の国権酒蔵の干支ボトル)
オーシャン4

今回もたくさんの協賛を頂きました。サザンコーヒーさま、小名浜オーシャンカントリークラブさま、それに前回優勝者の赤津さんからは自宅でとれた新米30キロの提供を頂きました。感謝申し上げます。

(特色あるコース設定の小名浜オーシャンカントリークラブ)
オーシャン5

小名浜オーシャンカントリークラブは、それほど距離はないのですが、起伏に富んで狭く、海越えなどで上手に刻むことも要求されますので決してやさしいコースではありません。今回はグリーンも難しかった感じがしました。前回よりスコアを落とされた方が多かったようです。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

「宙から桜がみえますか」を刊行 いわき万本桜プロジェクト

いわき万本桜プロジェクトを運営する志賀忠重さんが「宙から桜がみえますか」を出版しました。「いわき万本桜プロジェクト」の軌跡が良くわかるカラー写真をふんだんに取り入れた150ページの力作です。

(「宙から桜がみえますか」の装丁)
桜1

この本には、志賀さんがこのプロジェクトの推進に至る3つの要因が書かれています。1つ目は、最大の支援者でもある中国人芸術家の蔡國強との出会いです。2つ目は、東日本大震災と原発事故に対する志賀さんの姿勢です。そして3つ目は、プロジェクトを立ち上げた経緯と歩みです。

(志賀さんと蔡さん 神谷の集落を見下ろす里山)
桜2

志賀さんは若いころから突飛でもないことをするところがありました。しかし他と違うのは、突飛でもないことを執念をもってやり抜くというところです。その姿勢は、蔡さんとの親交の深さ、原発事故に対するスタンス、万本桜プロジェクトへの取り組みなどからも感じられます。

(万本桜プロジェクトの紹介)
桜3

このプロジェクトを通した人の輪が拡大しています。色々な才能を持つ方々がボランティアとして輪に加わり、神谷(かべや)の里山は観光地になりつつあります。この度の出版も、このような人の輪から生まれたようです。

(里山からの眺め 神谷の田園風景)
桜5

このプロジェクトは地域の人々が里山を見直す契機ともなりました。林業の斜陽化と燃料革命が進む中、里山は荒れ放題となり見向きもされていませんでした。ところが、プロジェクトの展開によって里山は大きく変わったのです。

(万本桜事務所付近の秋の風景)
桜6

里山から眺める郷土の風景にも再認識させられました。近隣の学校では遠足などの野外活動の場となったり、卒業記念の植樹を行ったりしています。子供たちの郷土愛や情操教育を育む場となっているようです。

(名所となった回廊美術館)
桜7

「いわき万本桜プロジェクト」の桜の植樹の目標は99000本、世界一の桜の名所を作ることです。現在の植樹は4000本位ですので100年をかけた長期プロジェクトです。将来100年後には、まさに「宙から桜がみえますか?」「あれがいわき万本桜です」、と言われる桜の名所となっていることでしょう。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

中欧4カ国紀行 8 ウイーン旧市街地の散策

9月29日の午後はウイーンの散策です。ウイーンは世田谷区とほぼ同じ広さで世界一住みやすい街と言われています。石畳の道や古い建物など歴史情緒にあふれる街を歩くと中世の香りを感じます。

(ベルベデーレ宮殿から望むウイーン市街地)
ウイーン市街地1

オペラ座前から路面電車に乗りベルベデーレ宮殿へ。広大な庭園が広がり、丘陵地であるためウイーンの市街地が見渡せます。宮殿には上宮と下宮の2つの建物があり、それぞれ美術館として利用されています。

(クリムトの代表作「接吻」)
ウイーン市街地2

上宮美術館にはクリムトの代表作「接吻」をはじめ、19~20世紀の世紀末を代表する画家の作品が数多く展示されています。

(花屋の店頭で談笑するウイーン市民)
ウイーン市街地3

(カフェハウスが多い市街地)
ウイーン市街地4

ベルベデーレ宮殿を概観した後は路面電車でオペラ座前に戻りケルントナー通りを散策しました。ウイーンとは、カフェハウスの周辺にできた街のことだそうです。シュテファン寺院の近のカフェハウスで日ごろはあまり口にしないケーキとコーヒーを飲み異郷の古都を楽しみました。

(クラシックのミニコンサート)
ウイーン市街地5

音楽の都ウイーン、夜はクラシックコンサートに出かけました。観光客向けの肩肘の張らないコンサートですが、しばし世俗を忘れウイーンの秋の夜を名曲の調べに酔いしれました。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!